渋谷区笹塚の形成外科、皮膚科、美容外科、美容皮膚科をお探しならこたろクリニック。京王線「笹塚駅」すぐ。できもの、ニキビ、シミ、医療脱毛、目の下のクマ治療など様々のお悩みを解決いたします。

目の下の脱脂手術とたるみ取りについて

  • ホーム »
  • 目の下の脱脂手術とたるみ取りについて

目の下の脱脂手術とたるみ取りについて

モニター募集中

ご予約はWEB予約がおすすめです

スマホやパソコンから空き状況をご確認の上、ご予約できるのでおすすめです。

※院内でのお待ちいただくお時間を軽減するためにご予約後にWEB問診票のご記載もお願いします。

※ご予約は診療のご予約となります。処置の予約ではないのでご注意ください。

経結膜脱脂法とは、たるみの原因とされる眼窩脂肪をまぶたの裏側から取り除き、くまやたるみなどの症状を改善する治療法です。

当院の脱脂手術

下まぶたのたるみは肌の老化と深い関係があるとされ、人によっては疲れた印象を与えやすい部分といわれています。下まぶたのたるみに関係する構造は、主に皮膚、ロックウッド靭帯、眼輪筋、眼窩隔膜、隔膜の中に収まった眼窩脂肪です。加齢によって眼球を支えるロックウッド靭帯などが少しずつ緩むことで眼球が押し下がり、眼窩脂肪が圧迫され前方へ突出することが、くまやたるみの原因のひとつとして考えられます。

断面図イメージ

当院の治療方法は、以下のように2種類あります。

脱脂

まぶたの裏側から切開して眼窩脂肪を取り除き、皮膚のたるみやくまなどを改善する治療が経結膜脱脂法です。局所麻酔を追加投与しながら手術を行いますが、目の奥が押されているような感覚を伴います。必要に応じて止血をするため、内出血を最小限に抑えられることが特徴です。仰向けの状態で適度な量の眼窩脂肪を取り除いた後は、座った状態で表情を確認し、取り除いた眼窩脂肪が適度な量であった場合は手術終了となります。凹みが強い場合のみもしくは脂肪移植をご希望の場合のみ、この後に脂肪移植を行います。

瞼の裏からの脱脂(余分な眼窩脂肪を取り除く)

脱脂手術と下まぶたのたるみ取り

経結膜脱脂法で眼窩脂肪を取り除いた場合、眼窩脂肪を収めていた部分の皮膚が余るため、たるみやしわが悪化することがあります。そこで当院では、まぶたの表側から眼窩脂肪を取り除いたうえで、余っている皮膚を除去する治療法も行っています。下まぶたの表面の縁から3〜5mmほど下方を目尻に向けて「への字」に切開し、必要に応じて慎重に止血しながら余分な脂肪を取り除きます。シワの増加の原因とされる皮膚を除去し、皮膚を縫合したら手術終了となります。

瞼の表からの脱脂(余った皮膚を取り除き、眼窩脂肪を取り除く)

こんな方には、脱脂手術がおすすめ

主に以下のような方に、経結膜脱脂法などの脱脂手術がおすすめです。

  • 目の下のたるみが気になる
  • 目の下のふくらみをなくしたい
  • 目の下のくまが気になる
  • 疲れているような目元の印象を変えたい

症例イメージ

起こりうるリスク:内出血、腫れ、左右差、疼痛、出血、血腫など

施術による副作用や注意点

当院での脱脂手術による副作用や注意点には、主に以下のようなものが挙げられます。症状の現れ方や程度には、個人差があります。

腫れ

翌日~1週間程度、腫れることがあります。むくみやすい方は腫れやすいですが、全く腫れない方もいらっしゃいます。

内出血

経結膜脱脂法による内出血は約1割の方にみられます。施術中の麻酔の際、表面からはわからないような血管に麻酔の注射針が当たると内出血を引き起こすことがあります。その場合、通常は約2週間で黄色くなり目立たなくなります。脱脂手術と下まぶたのたるみ取りを行った場合にも内出血は起こり、通常は2週間程度で黄色くなり目立たなくなります。

疼痛

施術から1~2週間程度は、目を動かしたとき、圧迫したときに違和感のような痛みが続くことがあります。

出血

約1週間にわたって涙のように少しずつ出血することや、鼻から出血することがあります。また約1週間は一度にまとまって出血する可能性があるため、寝具はタオルなどを敷いておきましょう。

血腫

手術部位に血が溜まり、塊のように感じることがあります。大きさによって期間は異なりますが、通常は体内に少しずつ吸収されていきます。大きい場合は再度傷口を開けて血腫を除去します。

シコリ感

脂肪注入をした場合、シコリ感が続くことがあります。

抜糸

経結膜脱脂法の場合は縫合しないため、抜糸の必要はありません。一方、脱脂手術と下まぶたのたるみ取りを行った場合は、まぶたの表側を縫合するため、約1週間で抜糸が必要です。

治療の流れ

当院での治療の流れは、下記の通りです。

step1診察・カウンセリング

医師により、クマの状態、脂肪注入が必要かどうかなどを診察します。その後スタッフにりカウンセリングを行います。

step2手術予約

手術ご希望の場合は受付にて予約を取らせていただきます。

step3手術

局所麻酔をし、手術を行います。ご希望の場合はオプションで笑気麻酔を追加することができます。手術終了前に座った状態で脂肪の除去量が適切か確認します。

step4施術後

数分間冷却を行った後にお帰りいただけます。

step5アフターケア

施術後1ヵ月まで、LINEで相談できます。不安なことや気になることがございましたら、お気軽にご連絡ください。診療時間以外で返信させていただきます。

料金

当院での施術料金は、下記の通りです。

経結膜脱脂 195,800円(税込)
下まぶたのたるみ取り+脱脂 257,400円(税込)
笑気麻酔 5,500円(税込)
院長指名料 33,000円(税込)

ご予約はWEB予約がおすすめです

スマホやパソコンから空き状況をご確認の上、ご予約できるのでおすすめです。

※院内でのお待ちいただくお時間を軽減するためにご予約後にWEB問診票のご記載もお願いします。

※ご予約は診療のご予約となります。処置の予約ではないのでご注意ください。

脱脂手術のよくあるご質問

目の下の脱脂手術をした場合、傷跡は残りますか?
経結膜脱脂法は下まぶたの裏側を切開して眼窩脂肪を取り除く施術です。切開するのは下まぶたの裏側の結膜で皮膚表面を傷つけないため、表面から見える傷跡はありません。一方、下まぶたの表側から切開し、余った皮膚を除去する施術の場合、切開した部分は傷跡が赤く残りますが、6ヵ月後には目立たなくなります。
治療中の痛みや腫れはありますか?
手術開始時に局所麻酔注射をするため、麻酔時に痛みがあります。脂肪を取っている最中は目玉を押されているような重い痛みがあることがあります。腫れは人によってみられますが、最も腫れている翌日も他の人から見て何かいつもと違うなというような腫れの程度です。1週間前後で腫れは引きます。
手術後にメイクはできますか?
経結膜脱脂法の場合、翌日からメイクが可能です。脱脂手術と下まぶたのたるみ取りを行う場合は、抜糸後(約1週間後)に可能となります。

こたろクリニックで手術をするメリット

当院で脱脂手術をする場合のメリットには、以下のようなものが考えられます。まずはお気軽にご相談ください。

1.脂肪注入は必要でなければ行いません

目袋のふくらみが大きく、目袋の下の溝が深いなど、凸凹が目立つ場合は取り除いた眼窩脂肪を凹み部分に注入する方法があります。しかし注入をしなくても十分改善を見込める場合は脂肪注入を行いません。

2.施術後1ヵ月まで、LINEで相談できるので安心です

施術後に不安なことが出てきた場合、LINEでご相談いただけます。

3.大阪や兵庫からも手術に訪れる技術があります

当院で治療をするため、遠方からもお越しいただいています。

4.脱脂の手術終了前に座位で状態を確認すること

手術終了前に座った状態で脂肪の除去量が適切か確認します。

院長紹介

院長写真

院長

吉武 光太郎(よしたけ こうたろう)

[ 資 格 ]
  • 日本形成外科学会認定 形成外科専門医
[ 所属学会 ]
  • 日本形成外科学会
  • 日本美容外科学会
  • 日本創傷外科学会

学 歴

2011年 埼玉医科大学 卒業

経 歴

2011年 埼玉医科大学卒業、埼玉医科大学国際医療センター 研修医
2013年 埼玉医科大学病院 形成外科美容外科入局
2015年 前橋赤十字病院 形成美容外科、都内美容外科勤務
2016年 埼玉医科大学病院、都内美容外科勤務
2017年 はなふさ皮膚科クリニック、都内美容外科勤務
2018年 千里中央花ふさ皮ふ科クリニック、はなふさ皮膚科クリニック勤務、都内美容外科院長

院長略歴

埼玉県越谷市に生誕し中学高校大学と埼玉県で育つ。埼玉医科大学を卒業後、埼玉医科大学国際医療センターで研修医を務める。埼玉医科大学病院形成外科美容外科に入局し地域に根ざした治療をする。群馬県の前橋赤十字病院で顔面骨骨折や眼瞼下垂の手術を中心に経験を積み、昭和大学形成外科の同門にも入会する。同時期より東京の美容クリニックで二重やヒアルロン酸といった美容皮膚科、美容外科の治療経験を積むようになる。埼玉医科大学病院に戻ってからは、顔面骨骨折治療班で活躍をし、学会ではドクターに対して講演を行う。さらに一般皮膚科でも研修を積み、埼玉だけでなく大阪のクリニックでも地域に必要とされるドクターとなる。また、都内の美容外科で院長に就任し、局所麻酔で出来る範囲での美容外科の治療と、メスを使わないヒアルロン酸やスレッド、レーザー治療などを行い、患者様から慕われるだけでなく、スタッフからも慕われる。2019年3月に笹塚で地域に根ざした保険診療の皮膚科、形成外科(眼瞼下垂、逆さまつげ、できもの、黒子の治療がメイン)、自費診療の 美容皮膚科(レーザーやスレッドリフトやヒアルロン酸や脂肪溶解注射、AGAがメイン)、美容外科(局所麻酔でできる範囲の目元の治療がメイン)を行うクリニックをオープンする。

クリニック情報

笹塚駅前こたろ形成皮ふ科クリニック

〒151-0073 東京都渋谷区笹塚1-56-10

電話 03-5302-8056
京王線「笹塚」駅より 徒歩1分未満
(セブンイレブンの上)

診療時間は受付終了後30分までになっております

受付時間
10:0013:30 院長
女医
(形成外科)
院長 院長 院長
女医
(皮膚科)
院長
女医
(皮膚科)
院長

(形成外科)
16:0019:30 院長
女医
(形成外科)
院長 院長 院長
女医
(皮膚科)
院長

(形成外科)

★:第1・2・4週目→女性医師、第3週目→男性医師

休診日木曜午後・日曜 ※祝日は診察しています

Copyright © 2021 笹塚駅前こたろ形成皮ふ科クリニック All Rights Reserved.
WEB予約(初診OK) 電話番号 03-5302-8056 診療時間・アクセス 採用情報