渋谷区笹塚の形成外科、皮膚科、美容外科、美容皮膚科をお探しなら笹塚駅前こたろ形成皮ふ科クリニック。京王線「笹塚」駅すぐ。アトピー、蕁麻疹、ニキビ等の一般皮膚科から、傷跡や眼瞼下垂の手術、皮膚腫瘍をとる皮膚外科、美容皮膚科まで幅広く対応します。

お悩み別 しこり・できもの(皮膚腫瘍)

  • ホーム »
  • お悩み別 しこり・できもの(皮膚腫瘍)

形成外科専門医による綺麗な手術

体や顔にできたできもの、気になりませんか?
腫れたり、ボコッと硬かったり、ぶにっと柔らかかったり、色々あると思います。受診される一番多いできものは、粉瘤です。次に稗粒腫、脂肪腫、線維腫と血管腫と続き、その他にイボやほくろもといったものもあります。 これらは手術により取ることができます。手術といっても、注射で局所麻酔をして、30分程度の手術時間で終わるもので、日帰りとなります。傷は目立ちにくくなるように丁寧に縫い合わせます。 当院は形成外科が手術を行います。形成外科は、どの診療科よりも手術痕を綺麗にして手術をするのが得意です。 それぞれについて説明していきます。

粉瘤について

粉瘤は毛穴に由来する皮膚の成分が、皮膚の中でターンオーバーを繰り返し垢がたまってできる袋状のできものです。年齢変化や怪我によって頭の先から足の先までどこでもできます。中身は垢ですので、時にとても臭い匂いを発します。
患者様の中には脂肪の塊かもと思っている方もいらっしゃいます。放っておいても自然に小さくなることはなく、時間と共に大きくなります。

放っておくと大変なことに!

放っておいて炎症を起こすと、腫れて大きくなったり、痛くなったり、痒くなったりします。痛く腫れてしまった場合は、炎症のせいで周囲の正常な組織と粉瘤との境界がはっきりしないため、当日は粉瘤自体を袋ごと取り切ることは出来ず、切開排膿といって膿を出す処置になります。切開排膿をしても粉瘤自体は取りきる事が出来ないので、切開排膿後は時期を見て切除手術を行います。
切開排膿後に切除術をするタイミングは、切開排膿後に傷が埋まるのを待ってから最短2ヶ月以降に行います。ラグビーボール状に炎症をおこした硬い組織と粉瘤を含めて切除し、糸で縫います。
ご自宅で泡立てた石鹸で傷を洗いガーゼ保護、この処置をしていただき、抜糸を1週間前後で行います。

くり抜き法

当院では炎症を起こしていない粉瘤に対して、くり抜き法を採用しています。くり抜き法とは、小さな手術創で行うものです。
局所麻酔後に粉瘤の皮膚表面にある小さな凹みを含めるように、直径2〜5mmの丸型のメスで小さく皮膚を切り取ります。中身の垢を袋ごと除去し、内部を洗って、ガーゼ保護をして手術終了します。くり抜いた小さい手術創は1週間ほどでかさぶたになり、2週間ほどで治ります。
手術痕が目立たなくなるまで約6ヶ月ほどかかるので、この期間は日焼けをしないように遮光することが大切です。日焼けをしないことで傷跡が目立ちにくくなります。

くり抜き/へそ抜き法

切除法

炎症をおこしたことのある粉瘤(過去に痛かったり、痒かったりしたことのある粉瘤)や直径2〜3cmを超える大きさの粉瘤は切除法の適応となります。切除法は、局所麻酔後にラグビーボール状に皮膚を切り、袋ごと粉瘤を除去し縫合する方法です。1週間前後で抜糸となり、それまでは手術創を泡石鹸で洗浄しガーゼ保護をする処置を行なっていただきます。
傷痕のサイズはくり抜き法よりは長くなりますが、一本の線状に治るため目立ちにくく、生傷も早く治ります。
手術痕が目立たなくなるまで約6ヶ月ほどかかります。傷跡が治りきるまでの期間はくり抜き法と変わりありません。

切除する流れ

step1
step1

step2麻酔の注射をした後に、紡錘形といってラグビーボール状に皮膚を切開します。
step2

step3粉瘤を切除した後に、2層に縫合します。抜糸は約1週間後に行います。
step3

価格

くり抜き法も切除法も保険適応となります。手術費用は大きさや部位によりますが、3割負担で約4,000〜11,000円です(この他に診察料や検査料がかかります)。

稗粒腫について

稗粒腫は目周りに発生することの多い、1〜2mmほどの白いもしくは肌色の小さなできものです。中身は皮膚の成分の角質でできており、毛もしくは汗腺由来が多いとされています。
自然に無くなることはなく、長い年月を経て徐々に大きくなるので、気になる場合は中身を除去する必要があります。

除去方法

除去する方法は、細い針で皮膚を少し引っ掻き皮膚に小さい穴を開け、中身の角質を圧出します。

稗粒腫の除去方法

ご自宅での処置のやり方

小さい絆創膏をはり、ご自宅では当日より洗顔をして清潔に保って頂きます。数日で傷は治り目立たなくなります。

価格

保険治療で除去することができます。3割負担での処置料は約230〜450円です。(他に診察料などがかかります。)

脂肪腫について

脂肪腫は、おでこや背中や脇の下などにできやすい、脂肪の良性腫瘍で、軟部腫瘍の一部とされています。脂肪腫は皮膚の下の深いところにあり、筋膜という筋肉を包んでいる膜にくっついていることが多いです。
深いところにあるので小さいうちは気付かれにくく、2cm以上の大きさになって受診される方が多く、時に10cm以上に大きくなって受診される患者様もいます。
表面から触ると柔らかく弾力があります。

脂肪腫

除去方法

まず麻酔をしてから皮膚を一直線に切ります。この時、形成外科の知識と技術から、手術痕が成熟しきった際に一番目立ちにくくなるような方向と大きさとメスの角度で切ります。
脂肪腫の層までかき分けて、脂肪腫と正常の脂肪の境界で摘出します。大きい脂肪腫であった場合、手術創に液体が溜まることがあるので、ドレーンというチューブを置いてきます。
手術創を2〜3層で縫合し手術を終了します。ドレーンを置いてきた場合は翌日か翌々日にドレーンだけを除去します。(その際、痛みはありません。)抜糸は1週間前後に行います。

ご自宅での処置

ドレーンが置かれている場合は、ドレーンを取るまでご自身で手術創を濡らすのは禁止です。
ドレーンが除去された後、もしくは始めからドレーンが置かれていない場合は、翌日より手術創を泡立てた石鹸とシャワーで洗います。優しく洗うことで細菌の量を減らすことができ、手術創の感染の確率を下げることができます。洗った後は、ガーゼを厚めに当ててテープでとめます。
抜糸するまではバスタブに浸かったり、運動をしたり、お酒を飲んだりしない方がいいです。
バスタブのお湯は一番風呂でも雑菌の量が多いので、手術創の感染のリスクが高まります。運動やお酒は血流が良くなりすぎるため、手術創から出血したり手術創に血が溜まり血腫になるリスクが高まります。また喫煙は手術創の血流を下げてしまうため、傷口が治りにくくなりますので、可能であれば禁煙されることをおすすめします。

価格

脂肪腫の手術は保険適応となります。手術料は約22,000円です。この他に診察料や検査料や処方料がかかります。

渋谷区笹塚の笹塚駅前こたろクリニックでは
形成外科医専門医による綺麗な手術が可能です。
綺麗な手術とは、傷跡を小さく、目立たなくするようにする手術のことをいいます。
その他、血管腫、線維腫、眼瞼黄色種などのできものも治療可能です。
ご気軽にご相談ください。

クリニック情報

笹塚駅前こたろ形成皮ふ科クリニック

〒151-0073 東京都渋谷区笹塚1-56-10

電話 03-5302-8056
京王線「笹塚」駅より 徒歩1分未満
(セブンイレブンの上)
受付時間
 10:00~12:30
16:00~19:30

…14:30受付終了、15:00診察終了
●…受付終了から30分で診察終了

休診日水曜日

ネス留学シンデレラオーディション 私達と一緒に働きませんか?採用情報|詳しくはこちら ビューティモール
Copyright © 2019 笹塚駅前こたろ形成皮ふ科クリニック All Rights Reserved.