目元の印象は、見た目の年齢に大きく関わってくる部分といわれています。

今回は、目の下のたるみを取る方法の一種である、脱脂手術とヒアルロン注射についてご紹介します。

あなたの症状に合った施術方法などをご説明します。

 

目の下のたるみのタイプは?

目の下のたるみには、主に以下のようなタイプが考えられます。

 

全体的にたるみがある

目のまわりには、眼輪筋と呼ばれる筋肉があります。

主に加齢によって眼輪筋の筋力が低下すると、眼窩脂肪を支えることが難しくなり、眼窩脂肪が前方へ突出した状態になり、目の下にたるみが現れることがあります。

経結膜脱脂法、または経結膜脱脂法と脂肪注入が適しています。

 

たるみの下の凹み部分が目立つ

目の下のたるみだけでなく、凹んでいる部分が影になって目立っている状態で、黒クマとも呼ばれています。

眼輪筋の筋力が低下し、眼窩脂肪が前方へ突出している状態です。

眼窩脂肪の量が多いほど、たるみが強調され、凹みも目立ってくると考えられます。

経結膜脱脂法だけを行うとクマが目立つ可能性があるため、脂肪注入も同時に行うことがあります。

また、たるみの程度によっては、ヒアルロン酸注入でも改善されることがあります。

 

目の下の脱脂手術の特徴

当院で行っている脱脂手術の特徴として、以下のようなものがあります。

 

目元にハリが生まれ、若々しい印象に

目の下のたるみによって、実年齢よりも老けてみられることがあります。

余分な脂肪を除去することで、目元の印象が変わります。

 

涙袋がくっきりと

たるみがあることで涙袋が見えにくくなっている場合は、施術をすることで涙袋がくっきり出てくることがあります。

 

傷跡が目立たない

経結膜脱脂法の場合、まぶたの裏側を切開して眼窩脂肪を除去するため、目元の傷跡が目立りません。

また切開範囲は少なく、自然治癒で回復するため、縫合や抜糸の必要はありません。

 

 

 

 

当院の施術

 

経結膜脱脂法

まぶたの裏側から切開して眼窩脂肪を取り除き、皮膚のたるみやクマなどを改善する治療が経結膜脱脂法です。

局所麻酔を追加投与しながら手術を行いますが、目の奥が押されているような感覚を伴います。

必要に応じて止血をするため、内出血を最小限に抑えられることが特徴です。

仰向けの状態で適度な量の眼窩脂肪を取り除いた後は、座った状態で表情を確認し、取り除いた眼窩脂肪が適度な量であった場合は手術終了となります。

 

ヒアルロン酸注入

細い注射針で皮膚内部に注入し、皮膚を内側から持ち上げてしわやたるみを改善する。

ただしヒアルロン酸が透けて目の下が青みがかってみえる(チンダル現象)ことがあるので目元用のチンダル現象が起きないヒアルロン酸を選ぶ必要があります。

またヒアルロン酸が吸収されて目元がもとの状態に戻ります。

 

ヒアルロン酸注射の治療例

 

副作用と注意点

経結膜脱脂法

主な副作用として、腫れ、内出血、疼痛、出血、血腫、シコリ感などが考えられます。

洗顔やメイクは翌日から可能です。

長時間の入浴や運動、飲酒は約1週間お控えください。

激しい運動の場合はご相談ください。

 

ヒアルロン酸注入

主な副作用として、内出血、左右差、異物感、アレルギー反応による腫脹などが考えられます。

洗顔や入浴は当日から、運動や飲酒は翌日から可能です。

 

料金

当院の施術料金は、以下の通りです。

 

経結膜脱脂法

経結膜脱脂195,800円(税込)
笑気麻酔5,500円(税込)
院長手術料33,000円(税込)

 

ヒアルロン酸注入

アラガン社 1本99,880円(税込)
ガルデルマ社 1本69,300円(税込)

 

当院では患者さん一人ひとりの状態に応じて、経結膜脱脂法や脂肪注入、ヒアルロン酸注入などを行っています。

目の下のたるみやくまが気になる、目元の印象を若々しくしたいなどのお悩みがある方は、まずはお気軽にご相談ください。

 

(こたろクリニック院長 :吉武 光太郎 監修)

京王線「笹塚駅」から徒歩1分
こたろクリニック