脂肪腫は、皮膚の下の脂肪細胞が増殖してできる良性腫瘍です。

今回は、脂肪腫の原因と治療法についてご説明します。

 

脂肪腫とは

皮膚を構成する表皮・真皮・皮下組織のうち、脂肪腫は最も内側の皮下組織にできる浅在性脂肪腫と、筋肉内や筋肉間にできる深在性脂肪腫があります。

脂肪腫は深めにある腫瘍のため皮膚科での治療は難しいことがあり、形成外科に受診することをお勧めします。

通常は腫瘍化した脂肪組織による単発の腫瘍で額や背中にできやすいです。

時に四肢に多発することがあり、血管脂肪腫といわれ、押すと痛みを伴うことが多いです。

また脂肪腫は幼少期に発生するとされますが、ゆっくり成長することが特徴です。

見た目にはわかりにくいため、早い段階では脂肪腫の存在に気づかないことも多く、40~50歳代で発見されやすいといわれています。

脂肪腫の写真

 

脂肪腫の症状

基本的に脂肪腫の痛みはないですが、少しずつ肥大化するため、美容面での問題や可動域に支障が出ることもあります。

また寝ていて当たるので気になるという方もいます。

脂肪腫の大きさはさまざまで、数mm程度~10cm以上に達するものなど、幅広く存在します。

 

脂肪細胞がある部位にはどこにでもみられますが、特に背中や額など刺激を受けやすい部位にできやすい傾向があります。

芸能人の有吉さんは額に脂肪腫ができていたようです。

脂肪腫と間違われやすい良性腫瘍である粉瘤は、表皮の下にできる袋の中に角質や皮膚などが蓄積することで形成されます。

脂肪腫と粉瘤の違いとして、触った時の硬さに違いがあり柔らかいですます。

脂肪腫は通常、痛みや臭い、また膿みが出るということはないです。

 

脂肪腫の原因

脂肪腫が発生する明確な原因はわかっていませんが、遺伝子の異常によって発生すると考えられていますが、遺伝する病気ではないことが知られています。

 

治療の流れ

一般的には視診や触診などの診察を行い、場合によってはエコー検査やMRI検査などをすることがあります。

患者さんの同意後に局所麻酔をかけ、手術をします。

その後は約1週間後に抜糸して治療が完了します。

*こたろクリニックでは、エコー検査やMRI検査は機械がないので行っておりません。

 

脂肪腫の治療方法

再発を予防するためには、腫瘍を完全に摘出することが必要です。

腫瘍が小さすぎると適切に取ることができないため、直径が1cm以上になったら、切除の検討をするとよいでしょう。

 

患部に局所麻酔の注射後、メスで皮膚を切開して脂肪腫を取り除き、皮膚を2〜3層に縫合します。

大きいものや筋肉への癒着がみられるものなどは摘出後に空間ができてしまい、内部に血液などの体液がたまる可能性があります。

そのため、ペンローズドレーンというシリコン状のシートを1~3日間入れておき、トラブルを防ぎます。

ドレーンを入れている間は、手術創を濡らすことは禁止です。

ドレーンを入れていない、または取り除いた後は、翌日からよく泡立てた石鹸で手術創を洗います。

細菌の数を減らし、手術創の感染の確率を低下させるため、やさしく洗いましょう。

洗浄後は厚めにガーゼを当て、テープで止めてください。

 

術後の注意事項

抜糸するまでは、以下の3点に気をつけて生活しましょう。

 

入浴

湯船の中は雑菌が多く、手術創の感染のリスクが高まるため、浴槽に浸かることは避けましょう。シャワーと石鹸で洗うことは推奨されます。

 

飲酒、運動

血流がよくなるため、手術創に血がたまり血腫になる恐れや出血する可能性が高まります。

 

喫煙

ニコチンの作用により血管が収縮し、血流の低下を招くため、手術創の治りが悪くなります。喫煙しましょう。

 

当院の特徴

小さい傷跡

手術痕が最大限成長した後に、最も目立ちにくくなるような角度、大きさ、方向で切開し、手術を行います。

 

痛みに配慮した治療

手術では細い針で局所麻酔をし、刺したときの痛みを可能な限り少なくしています。

 

電気メスによる止血

当院では電気メスを導入し、止血の際はしっかりと対応できる設備を整えています。

 

形成外科による手術

脂肪腫へのメスの入れ方や縫い方、皮膚の扱い方の知識や技術をもち、患者さん一人ひとりに応じた手術を行います。

皮膚科では治療が難しいとされる筋肉の奥にできる脂肪腫であっても、形成外科で適切に対応します。

 

顔用と体用の糸を使い分ける

手術する部位によって使用する糸の太さを変えることにより、スーチャーマークと呼ばれる縫い跡を残しにくくします。

 

手術費用

脂肪腫の手術は保険適用で、全国統一となります。

手術料金は、約27,000円です。

そのほか、診察料・検査料・処方料・病理検査料がかかります。

 

当院では、脂肪腫の治療を行っています。

脂肪腫は少しずつ無限に大きくなるため、直径が1cm以上になった場合に手術を検討した方がよいと考えられます。

体の表面に柔らかいできものがある、ドーム状の柔らかな膨らみがみられる場合は、お気軽にご相談ください。

 

(こたろクリニック院長 :吉武 光太郎 監修)

京王線「笹塚駅」から徒歩1分
こたろクリニック