男性が目の下のたるみを解消する方法

 

目元は老化現象がみられやすく、目の下のたるみは加齢とともに目立つ傾向にあります。

目元の印象にお悩みがあって当院にご来院される男性は30~50代が多く、「若く見られたい」「疲れていると言われるのが嫌」という方が少なくありません。

今回は、目の下のたるみの原因や解消法などをご説明します。

 

第一印象が与える影響

心理学の「話し手が聞き手に与える印象」のある研究によれば、表情や仕草などの視覚情報が55%、声のトーンや質などの聴覚情報が38%、話す内容などの言語情報が7%といわれるメラビアンの法則があり、人に与える印象として視覚情報が大きく関わっていることが知られています。

男性の場合、商談などの仕事のシーンで、視覚から得られる情報によって相手に与える印象が変化する可能性があります。

そのため、顔の印象を左右するとされる目の下のたるみを解消することにより、印象をよくすることができると考えられます。

 

目の下のたるみの原因

目の下のたるみの主な原因として、主に以下のようなものが考えられます。

目元の筋肉や靭帯などの衰え

下まぶたは、主に皮膚、ロックウッド靭帯、眼輪筋、眼窩(がんか)隔膜、隔膜の中に収まった眼窩脂肪という構造になっています。目の下のたるみやクマは、加齢によって眼球を支えるロックウッド靭帯などが少しずつ緩むことで眼球が下がることにより、眼窩脂肪が圧迫され前方へ押し出されることが原因といわれています。

さらに男性は女性よりも眼窩脂肪が多いとされるため、目の下のたるみが目立ちやすいことが知られています。

また、スマートフォンやパソコンを長時間使用することによってまばたきの回数が減少し、目の周りにある眼輪筋などの筋肉の衰えにつながるといわれています。

皮膚のハリの低下

人間の皮膚は表皮・真皮・皮下組織から構成され、肌の大部分を占める真皮には神経や血管などが通い、皮膚の柔らかさを保っているコラーゲンや肌の弾力に関与するエラスチンという成分が存在しています。

コラーゲンやエラスチンは加齢や紫外線などの影響により、産生量が減少することが知られています。また成分自体の質も変化し、繊維が切れやすく、硬くなっていくと考えられています。

コラーゲンやエラスチンの量の減少、質の変化によって皮膚のハリが失われ、皮膚のたるみの原因になるといわれています。

皮膚への刺激や乾燥

普段から目をこする、肌をこすってクレンジングをするなどの刺激により、皮膚がダメージを受けやすくなると考えられています。

また目の下は皮脂の分泌量が少なく、皮膚が薄いため、乾燥して皮膚のハリがなくなり、目の下のたるみの原因になるといわれています。

遺伝

涙袋は、下まぶたの膨らんでいる部分で眼輪筋が発達している状態を指し、目袋は眼輪筋などの衰えによって前方へ押し出された眼窩脂肪のことを指します。

ご親戚に目袋が出ている方は、若い頃から眼窩脂肪が突出しやすいことが知られています。靭帯や眼窩隔膜がゆるいことが考えられます。

 

目の下のたるみの効果的な解消法

目の下のたるみの効果的な解消法として、主に以下のようなものが考えられます。

長時間にわたり目を酷使することは控える

長時間にわたってスマートフォンやパソコンで作業をすることにより、目のピント調節機能をもつ筋肉が衰え、視力低下につながると考えられています。また目の周りの筋肉も固まりやすく、眼輪筋の衰えにつながる可能性があります。

画面からできるだけ離れて見る、1時間に10~15分程度の休憩を入れるなど、目を休める工夫をしてみましょう。

紫外線対策やスキンケアをする

地表に届く紫外線には、UVAとUVBの2種類があります。UVBは波長が短いため、皮膚の外側にある表皮にさまざまなダメージを与えて肌に炎症を起こすと考えられています。

一方、UVAは波長が長いため、真皮まで到達し、肌の弾力やハリを保つコラーゲンやエラスチンなどを生成している線維芽細胞にダメージを与えるとされ、目元のたるみやしわの原因になることが知られています。地表に届く紫外線のうち、約9割がUVAとされ、一年中降り注ぐのもUVAといわれています。

日焼け止めを選ぶ際は、UVAの予防効果を表すPA、UVBの予防効果を表すSPFに注目しましょう。

SPFの数値やPAの+が多いほど肌への負担も大きくなるため、用途に応じて強度を変えることがポイントです。

また紫外線などから皮膚を守るため、普段から十分な保湿を行うことも効果的と考えられます。

肌にハリを与えるとされるコラーゲンやエラスチンなどが配合された化粧品も存在します。

目を強くこするなどの刺激を避ける

目の周りは皮脂腺が少なく、皮膚も薄いため、外部の刺激を受けやすいと考えられます。

日常的に目をこする癖がある場合、摩擦によって目元がダメージを受けることがあります。

目の周りは乾燥しやすいため、クリームなどでしっかりと保湿するようにしましょう。各社から男性向けのアイクリームも多数販売されています。

当院での治療法

当院では、目の下のたるみの治療法として、以下のような脱脂手術を行っています。女性と同様に、男性も脱脂手術によって目の下のたるみを改善に導きます。

脱脂手術

目の下のたるみやクマの原因とされる眼窩脂肪を取り除き、場合によっては皮膚のたるみも除去することがあります。

下まぶたの裏側から眼窩脂肪を取り除く経結膜脱脂法の場合は、皮膚表面の傷跡も残りにくいとされています。

手術中は目の奥を押されるような感覚を伴う場合がありますが、必要に応じて随時、痛みの程度を伺いながら治療いたします。

また手術後は通常1~2週間後、1、2、3ヵ月後の計4回ご来院いただき、状態を確認いたします。

遠方の場合は、LINEでもご相談を受けつけています。





料金
経結膜脱脂178,000円
下まぶたのたるみ取り+脱脂234,000円
笑気麻酔5,000円
院長指名料30,000円

※主な副作用: 腫れや内出血、疼痛や出血などの可能性があります。

まずはお気軽にご相談ください。

京王線「笹塚駅」から徒歩1分
こたろクリニックの脱脂手術の詳細はこちら