ピコレーザーで炎症後色素沈着が起こるか心配」「レーザー照射後にシミが濃くなったような気がする」などの話を聞き、不安な気持ちを抱えていませんか。

今回は、ピコレーザーのシミ取り治療による炎症後色素沈着の原因やリスク、当院の治療法などをご説明します。

 

ピコレーザーで炎症後色素沈着は起きる?1)

ピコレーザーで炎症後色素沈着が起きる可能性はQスイッチレーザーより低いと考えられます。

Qスイッチレーザーはナノ秒(10億分の1秒)という短時間でレーザーを照射でき、メラニン色素を吸収した熱作用によってシミを除去する治療法で、炎症後色素沈着を生じる可能性があります。

一方、ピコレーザーはピコ秒(1兆分の1秒)というさらに短い時間でレーザー照射が可能です。

衝撃波によって効率的にメラニン色素を破壊することで周囲への熱影響が少ないため、より肌へのダメージが軽減され、炎症後色素沈着などのリスクが少ないです。

 

ピコレーザーで炎症後色素沈着が起きる原因

ピコレーザー照射後は炎症後色素沈着を生じるリスクは低いと考えられますが、症状が現れることもあります。

炎症後色素沈着が起きる原因として、主に以下のようなことが考えられます。

 

かさぶたを無理に剥がす

ピコレーザー照射後はかさぶたができることがありますが、時間とともに自然と剥がれ、新しいピンク色の皮膚が現れます。

しかし、かさぶたを無理に剥がした場合は皮膚がダメージを受け、炎症後色素沈着を起こす可能性があります。

 

患部に刺激を与える

レーザー照射後のテープを頻回に交換したり、かさぶたが剥がれた後の新しいピンク色の肌を触ったり擦ったりして刺激を与えると炎症後色素沈着を生じる可能性があります。

 

日焼けしやすい

人の体には、紫外線を浴びるとメラニン色素を生成して肌を守るはたらきが備わっています。

生まれもったメラニン色素が多く、メラニンを生成する能力が高い場合は肌の色が黒くなる傾向にあります。

メラニン色素は紫外線を吸収しやすいため、日焼けしやすく、他の人よりも炎症後色素沈着を生じやすいと考えられます。

 

ターンオーバーが低下している

通常、約1ヵ月ほどのサイクルで新しい肌に生まれ変わりますが、加齢とともにターンオーバーの周期が長くなります。

またピコレーザーにより破壊されたメラニン色素はターンオーバーによって排出されるため、加齢やなんらかの影響によりターンオーバーが低下している場合、皮膚内にメラニン色素が蓄積し、炎症後色素沈着を起こす可能性があります。

 

ピコレーザー後に炎症後色素沈着を予防する方法

ピコレーザー照射後に炎症後色素沈着を防ぐための方法として、主に以下のようなことが考えられます。

 

患部に刺激を与えない

ピコレーザー照射後にできたかさぶたは、無理に剥がさず自然と剥がれ落ちるのを待ちましょう。

また患部を触る・擦るなど過度に刺激を与えると肌へのダメージにつながるため、スキンケアの際もできるだけ優しく患部を触るようにしましょう。

 

紫外線対策を十分に行う

ピコレーザー照射後の皮膚は非常に敏感になっているため、術後は日焼け止めを塗る、帽子や日傘を活用するなど紫外線対策を十分に行いましょう。

 

ターンオーバーを整える

ターンオーバーの低下は生活習慣の乱れやストレスなど、さまざまなことが関係しています。

肌によいとされるビタミンB2やB6を中心に栄養バランスのよい食事を心がける、適度な運動をする、ストレス解消に努めるなど、セルフケアを行うことが大切です。

 

内服外用の併用を行う

ピコレーザーだけでなく、ビタミンCやビタミンE、トラネキサム酸の飲み薬や、ハイドロキノン、トレチノインなどの塗り薬の併用をおすすめしています。

メラニンの排出を促したり、ターンオーバーを整えたり、シミや炎症後色素沈着を出にくくするほか、シミの下に潜んでいる肝斑を薄くする効果も期待できます。

 

ピコレーザー治療の経過

ピコスポット(ピコショット)の治療後の経過は、以下のようなことが考えられます。

経過には個人差があります。

 

  1. 気になる部位にピコレーザーを照射した直後は、患部が白くなります。その部分にスキントーンテープを2週間貼ります。
  2. 施術数日後は患部が黒くなり、薄いかさぶたが生じます。(かさぶたができないこともあります)
  3. 時間の経過とともに新しい皮膚が形成され、かさぶたが剥がれるとピンク色の肌になります。1ヵ月くらいで炎症後色素沈着が生じることもあります。
  4. その後は患部が落ち着き、きれいな肌色になります。シミを繰り返さないように紫外線対策をしましょう。

 

当院のピコレーザー治療

従来、シミ治療はQスイッチレーザーや光治療が主流でした。

Qスイッチレーザーはナノ秒(10億分の1秒)という短時間の照射で治療していましたが、シミの種類によっては数回の治療が必要とされることがあり、炎症後色素沈着の発生や薄いシミには効果が低いとされていました。

一方、ピコレーザーはピコ秒(10兆分の1秒)というナノ秒よりもさらに短い時間の照射でシミを治療する方法です。

 

当院で採用しているQuanta社のディスカバリーピコプラスは、ピコレーザー(532nm・1064nm)、ルビーレーザー(694nm)の3波長を搭載し、シミやくすみ、肝斑、ニキビ肌のハリやたるみなどのお悩みのほか、アートメイクやタトゥーの除去にも効果的とされます。

また他のピコレーザーと比較して短いパルス幅で照射可能なため、炎症後色素沈着や痛みなどのリスクをより少なくできると考えられます。

ピコレーザーによる治療は、以下の3種類のモードがあります。

使い分けをすることで、肌のさまざまなお悩みに対応可能です。

 

ピコスポット(ピコショット)

シミなどの気になる部分に、ピンポイントで高出力のレーザーを照射し、衝撃波によってシミを除去する治療法です。

特にいわゆるシミといわれる老人性色素斑そばかすに効果的とされています。

ほとんどの場合、治療は1~3回で完了しますが、肝斑のシミに照射はできません。

短時間でシミやそばかすなどを取り除くため、肌へのダメージは少ないとされています。

個人差はありますが、輪ゴムで弾かれたような痛み以外のダウンタイムはほとんどなく、治療後に炎症後色素沈着を起こす可能性も少ないと考えられています。

 

ピコトーニング

ピコトーニングとは、ピコ秒で照射される低出力のレーザーを肌から浮かせて広範囲に照射することで皮膚へのダメージを少なくし、メラニンを減少させる治療法です。

美白美肌に効果が期待でき、肝斑の治療や肌のキメを整えて美肌に導きます。

 

ピコフラクショナルレーザー

ピコフラクショナルレーザーは、ニキビ跡のクレーターや毛穴などの改善、美肌を実現するための治療法です。

皮膚表面には穴が開かず真皮層の細胞を刺激してコラーゲンやエラスチンの生成を促進し、肌質改善などに効果が期待できます。

皮膚へのダメージが少なく、従来のフラクショナルレーザーよりダウンタイムが短いことも特徴です。

 

ピコレーザーの副作用やリスク

施術の副作用やリスク、注意点として、主に以下のようなものが考えられます。

治療の経過や効果には、個人差があります。

 

  • ダウンタイムはほとんどありません。
  • 患部への刺激を避ければ、メイクや洗顔は当日から可能です。
  • 治療直後から外出可能ですが、保湿や紫外線対策をしっかり行いましょう。
  • 痛みやかゆみ、出血、炎症後色素沈着や色素脱失が生じることがあります。
  • シミの状態によっては、1回の治療で除去できない可能性があります。
  • 施術後に生じたかさぶたは、無理に剥がさないようにしてください。
  • 炎症後色素沈着が起きることがありますが、約3~6ヵ月で目立たなくなります。

以下に該当する方は、治療をお控えください。

 

  • 妊娠中・授乳中の方
  • 光過敏症の方
  • てんかん発作の既往歴がある方
  • 重度の糖尿病の方
  • 施術前に日焼けをしている方
  • 日焼けをする予定がある方
  • 心臓のペースメーカーを使用している方
  • 慢性疾患がある方

 

料金

当院での施術料金は、以下の通りです。

 

ピコレーザー

ピコシミ取りショット1コ7,700円
ピコシミ取りショット1コ増えるにつき4,400円
ピコADMショット1回33,000円
ピコシミ取りショット当て放題1回97,900円

 

ピコトーニング

肝斑ライン(両頬) 1回13,750円
6回82,500円
2クール目以降20%オフ66,000円
全顔トライアル13,200円
1回30,580円
6回137,500円
2クール目以降20%オフ110,000円

 

ピコフラクショナルレーザー

21,780円
バタフライライン (鼻+頬)30,580円
全顏38,280円

ピコレーザーはレーザーの特性上、従来のQスイッチレーザーと比較して炎症後色素沈着を起こしにくいとされています。

レーザー治療にあたって不安なことは、カウンセリングの際に丁寧にご説明いたします。

ピコレーザーによるシミ取り治療をご希望の方は、ぜひ当院へお越しください。

 

【参考】 (1)宮田成章.『イチからはじめる 美容医療機器の理論と実践 改訂第2版』全日本病院出版会.2021.

 

 

WEBからのご予約も可能です。

スマホやパソコンから空き状況をご確認の上、ご予約できるのでおすすめです。初診の受付も可能です。

WEB予約フォームはこちら

※院内でのお待ちいただくお時間を軽減するためにご予約後にWEB問診票のご記載もお願いします。

※ご予約は診療のご予約となります。処置の予約ではないのでご注意ください。

駒沢近隣にお住まいの方は、こたろクリニック分院のNES駒沢クリニックもおすすめです。
2022年6月30日までモニターキャンペーンも実施中です。仕事や育児でお忙しい子育て世代の方々も、ぜひお気軽にご来院ください。

(こたろクリニック院長 :吉武 光太郎 監修)

京王線「笹塚駅」から徒歩1分
こたろクリニック