「レーザーをしてもなかなか治らないクレーター状のニキビ跡が気になる」「化粧のりを良くしたい」などのお悩みには、ダーマペンを使ったヴァンパイアフェイシャルが適しています。

今回はヴァンパイアフェイシャルの期待できる効果や、メリットなどをご紹介します。


ヴァンパイアフェイシャルとは

ヴァンパイアフェイシャルは、ダーマペンの針を使用して肌に小さな穴を開け、PRP皮膚再生療法で採取した血小板を直接塗布し美肌へと導く治療です。


ダーマペンはペン型の機械の先端に細い針が剣山のようについており、それが上下することで肌に穴をあけて創傷治癒効果を狙うと同時に、針に伝った薬剤が肌の中に届けられ薬剤の効果を発揮します。


PRP皮膚再生療法とは、ご自身の血小板を利用し、組織の修復力を高めるための治療法です。

血小板は、傷口をふさいだり、出血を止めたりする働きがあります。

これを活用することで、組織の再生力や自然治癒力を高めます。

ご自身の血液を使用するため、アレルギー反応などの副作用が少ない方法といわれています。


肌に小さな穴を開け有効成分を直接浸透させることで、肌が本来持っている自然治癒力により、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸といった肌を支える成分を作り出します。


コラーゲン

体の弾力をつくり出しているたんぱく質のひとつであるコラーゲン。

真皮の約70%を占め、肌にハリや弾力をもたらす効果があります。


エラスチン

コラーゲンの繊維を支える役割を持つエラスチン。

コラーゲンと同じくハリと弾力の維持にとても大事な成分です。

肌の弾力を保つ効果があります。


ヒアルロン酸

優れた保水力を持つ成分であるヒアルロン酸。

肌の乾燥予防や改善に効果的な成分で、肌の水分を保持しみずみずしさを作り出します。


ヴァンパイアフェイシャルの効果


ニキビ跡や肌の凸凹の改善

クレーター状のニキビ跡の治療にはヴァンパイアフェイシャルがおすすめです。

コラーゲンが生成されることで、肌にハリがでるため凸凹を滑らかにし、また、傷を治そうとする働きからニキビ跡も薄くなっていきます。

3~4回ぐらいから効果の実感を得ることができ、どのレーザー治療より費用対効果を望め、時間の節約をすることができます。

5回以降も満足するまで繰返すことができます。


シワやたるみの改善

肌表面に微細な穴にお薬を注入することで、傷を修復する自己修復能力が高まり、本来持つ肌の再生能力を最大限に引き出すことができます。

皮膚の肌再生が活発になっていく過程で、肌を支える成分であるコラーゲンやエラスチンなどが生成されることで、ハリと弾力のある肌に導き、シワやたるみを改善します。


肌質改善

加齢やストレス、紫外線などによりハリがなくなったり、肌の調子が安定しなかったりするお悩みにも効果を発揮します。

コラーゲンやエラスチンなどが生成されることで、肌のハリ感アップや肌質改善に期待ができます。


ヴァンパイアフェイシャルが適している人は?

ヴァンパイアフェイシャルは、クレーター状のニキビ跡が気になる方や、毛穴の開きやたるみ、シワが気になる方、ハリのある肌を手に入れたい方、肌質を改善したい方など幅広いお悩みに効果を発揮してくれる治療です。


ヴァンパイアフェイシャルのメリット


アレルギーなどのリスクが少ない

ヴァンパイアフェイシャルは、ご自身の血液を使用するため、アレルギー反応などの副作用が少ない方法といわれています。

ダーマペンの針は髪の毛より細い極細のものを使用するため、肌への負担も少なく施術を受けられます。


痛みが少なく広範囲に効果を発揮

ヴァンパイアフェイシャルは、痛みが少なく顔の広範囲への効果が期待できます。

治療は麻酔クリームを塗布した上で行うため肌に穴を開ける際に痛みを感じにくく、また、ヴァンパイアフェイシャルに使用するダーマペン4には、先端に16本の微細な針が装着され、1秒間に最大120回の速さで肌に小さな穴を開けることが可能とされていますので、顔の一部分ではなく、広範囲にわたって効果を発揮することができます。


長期にわたって効果が持続しやすい

ヴァンパイアフェイシャルは、成長因子が含まれた血小板を使うため、これらの働きによって肌がゆっくりと再生してきます。

肌自体の再生機能を高める治療であるため、肌質が改善されると長期にわたって効果が持続しやすい施術です。

一般的に、ヴァインパイアフェイシャルの方がヒアルロン酸注入に比べて持続期間が3か月~1年程度長いとされています。

ただしこのあたりに関しては、個人差も非常に大きいといえます。


ヴァンパイアフェイシャルのデメリット


赤みなどのダウンタイムがある

少なからず痛みとダウンタイムがあることです。

痛みは麻酔クリームをすることで抑えることができますが、赤みが4~5日続きます。

ダーマペンの針の長さを調整することでダウンタイムをさらに短くすることができます。

ダウンタイムを短く、ヴァンパイアフェイシャルをされたい方にはダーマペンの長さ0.2~0.4mmがおすすめです。

ダウンタイムは2~4日まで短くすることができます。

施術直後には赤みやほてりが出ることがありますが、日焼け止めは施術翌日から、ファンデーションなどは赤みが引いてから可能です。


ダーマペンの治療で選べる薬剤

ダーマペンで使用する薬剤は選ぶことができます。

ヴァンパイアフェイシャルで使用するPRPだけでなく、成長因子という薬剤や、コウジ酸も扱っています。

それぞれの薬についてみていきましょう。


成長因子

特定の細胞の増殖や文化を促進する物質で、薬として使えるように処理されたもをの使用しております。

ダーマペンで空いた穴から成長因子が浸透し、傷の治りを促進し、肌のハリやきめ、クリーターを改善します。


コウジ酸

美白効果があるコウジ酸を使用した治療になります。

美白しつつ、肌のハリを出したい方にオススメです。

この他に毛孔性苔癬という二の腕のぶつぶつに有効です。


副作用・リスク

赤み、出血、疼痛、鱗屑、色素沈着、腫脹


料金表


ヴァンパイアフェイシャル

1回 109,780円(税込)
3回 297,000円(税込)
6回 528,000円(税込)
麻酔クリーム代 1回 3,300円(税込)

ダーマペン(成長因子)

初回のみ 22,000円
2回目以降 27,500円

ダーマペン(コウジ酸)

初回のみ 16,500円
2回目以降 22,000円

ヴァンパイアフェイシャルはこたろクリニックへ

ヴァンパイアフェイシャルはご自身の血小板をベースに用いた美容治療です。

肌のハリをアップさせ肌質改善が期待できます。

当院ではダウンタイムを短くしたい、効果を最大限にしたいなど、患者さまのご要望に合わせてダーマペンの針の深さを変えて施術することも可能です。

お気軽にご相談ください。


WEBからのご予約も可能です。

スマホやパソコンから空き状況をご確認の上、ご予約できるのでおすすめです。初診の受付も可能です。

WEB予約フォームはこちら

※院内でのお待ちいただくお時間を軽減するためにご予約後にWEB問診票のご記載もお願いします。

※ご予約は診療のご予約となります。処置の予約ではないのでご注意ください。

(こたろクリニック院長 :吉武 光太郎 監修)

京王線「笹塚駅」から徒歩1分
こたろクリニック