なかなか改善しないニキビ跡。「メイクをしても隠し切れない」「凸凹が目立って気になる」とニキビ跡にコンプレックスや悩みを持っている方も少なくないと思います。

ニキビ跡に悩んでいる方は、女性だけでなく男性にも多く、幅広い方が気になるお悩みの一つです。

今回はニキビ跡ができる原因や症状ごとの治療方法などについてご紹介します。

 

ニキビ跡はどうしてできる?

ニキビが気になるからと頻繁に触ってしまったり、スキンケア不足などでニキビが炎症を起こしてしまったりすることでニキビ跡になることがあります。

また、肌の免疫機能が低下することでも、ニキビが炎症を起こしてしまい、肌の真皮層や皮下組織にダメージを与えることでニキビ跡になってしまいます。

ニキビを自分で押し出したり、つぶしたりしてしまう方もいるかもしれませんが、皮脂は毛穴の中に残ることが多いため炎症は治まりません。

かえって炎症が悪化してニキビ跡として目立ってしまうことがあるので、自己判断でニキビをつぶすのはやめましょう。

 

ニキビ跡には種類がある

一言でニキビ跡といっても、ニキビ跡にはいくつかの種類があります。

 

赤みを帯びている

ニキビの炎症が続くことで、赤みを帯びているニキビ跡になります。

ニキビが治った後も数か月間、炎症がおさまる過程で周りの赤みがしばらく引かず残ってしまうことがあります。

赤みは少しずつ改善され徐々に目立たなくなることが多いです。

 

クレーター状

肌に凸凹とくぼみがある状態のニキビ跡です。

クレーター状のニキビ跡は、炎症を起こしているニキビを放置したり、ニキビをつぶしたり押し出してしまったりすると起きやすいと言われています。

ニキビが悪化して強い炎症を起こすと、肌の真皮層や皮下組織にダメージを与えてしまいます。

元の肌の状態にまで改善せずに凹凸やくぼみが残ってしまうことでクレーターのように見えます。

 

茶色っぽい

ニキビが炎症を起こした後にメラニンが沈着するために肌に色素沈着が起こります。

部分的に茶色っぽく見えるもの、斑点状、シミのように境界が不鮮明なものなど、色素沈着にもいくつかの種類があります。

 

ニキビ跡の治療方法

ニキビ跡にはいくつかの種類があるため、治療法も症状に合わせたものを正しく選ぶ必要があります。

ニキビ跡の症状ごとの治療法についてご紹介します。

 

エレクトロポレーション

赤みのあるニキビ跡には、ニキビの炎症を直接抑えることのできる高濃度ビタミンCをお肌に塗り、エレクトロポレーションで皮膚の表皮層の深部に浸透させることで治療するという方法があります。

 

エレクトロポレーションは、皮膚表面に弱い電流を流し、薬液を表皮の奥深くまで届けることができるため、ニキビの炎症を抑え、赤みのあるニキビ跡を薄くする効果が期待できます。

 

副作用・リスク

個人差もありますが、ピリピリとした刺激を感じることがあります。

まれに、赤み、熱感、痒み、痛み、ヒリヒリと熱く感じる、発疹などが生じる可能性があります。

 

ケミカルピーリング

赤みのあるニキビ跡や、色素沈着によるくすみなどの治療に効果的なのがケミカルピーリング。

皮膚科の先生が開発したクリニックだけで使えるピーリング剤で、古い角質を柔らかく溶かし、毛穴詰まりを解消したり、脂性肌を改善したりする効果が期待できます。

また、肌の代謝を促進する作用もあります。

 

副作用・リスク

時に薄く赤みがでることがあります。赤みがひく期間は当日〜3日ほどです。

アスピリンアレルギー、アスピリン喘息をお持ちの方は施術が受けられません。

 

ヴァンパイアフェイシャル

ヴァンパイアフェイシャルは、特にクレーター状のニキビ跡の治療におすすめです。

ダーマペンの針を使用して肌に小さな穴を開け、PRP皮膚再生療法で採取した血小板を直接塗布しニキビ跡の改善に導きます。

PRP皮膚再生療法は、ご自身の血小板を利用し、組織の修復力を高める治療ですので、アレルギー反応などの副作用が少ない方法といわれています。

肌に小さな穴を開け有効成分を直接浸透させることで、肌が本来持っている自然治癒力により、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸といった肌を支える成分を作り出します。

 

副作用・リスク

赤み、出血、疼痛、鱗屑、色素沈着、腫脹などが生じることがあります。

 

炭酸ガスフラクショナルレーザー

皮膚が厚くなっているようなクレーター状のニキビ跡を治療におすすめなのが炭酸ガスフラクショナルレーザー。

レーザーで皮膚に極小の穴を開け、照射した部分の皮膚を傷つけ、傷を治す力により新しい皮膚を再生させる治療です。

 

副作用・リスク

日焼けしたような赤みがでます。

出力によって赤みがひく期間が変わりますが、1日〜7日ほどです。1週間程度、さめ肌のようにカサカサします。

 

ピコフラクショナルレーザー

とても早いレーザー光線を当てて、表皮と真皮の間で空胞を作り、肌の再生を促すことで凸凹ニキビ跡が少しずつ改善していきます。

炭酸ガスフラクショナルレーザーと違う点は、皮膚表面に穴は開かないため、色素沈着のリスクが極めて低いこととダウンタイムが数日短くなります。

 

副作用・リスク

日焼けしたような赤みや出血があります。

出力によって赤みがひく期間が変わりますが、1日〜5日ほどです。

1週間程度、さめ肌のようにカサカサします。

 

TCAクロス

アイスピック状のニキビ跡を改善していくために有効な治療です。

1ヶ月ごとに繰り返しやることをお勧めします。

 

副作用・リスク

1週間はかさぶたになり、2〜3ヶ月、赤黒い色素沈着を起こします。

 

サブシジョン

小範囲のボックスカーを改善するのに向いている治療です。

引き込みの原因となっている瘢痕を皮下で切って浮かすことで徐々にクレーターが改善していきます。

 

副作用・リスク

1〜2週間は内出血を起こします。

 

料金表

 

エレクトロポーション

スタンダードHA+TA+vitC10,780円
プレミアム成長因子16,500円
追加ビタミンC3,300円
追加トラネキサム酸3,300円
追加プラセンタ3,300円
追加ビタミンB3,300円

 

ケミカルピーリング

顔、首、デコルテ1部位 1回8,800円
背中(上半分(肩甲骨下端まで)or下半分)1部位 1回25,300円

ケミカルピーリングのコースの価格用意しているのと、ケミピ+エレクトロポレーション同時施術での価格もあります。

 

ヴァンパイアフェイシャル

1回109,780円
3回297,000円
6回528,000円
麻酔クリーム代 1回3,300円

 

炭酸ガスフラクショナルレーザー

鼻1回13,200円
鼻6回66,000円
13,200円
バタフライライン(鼻と頬)16,500円
11,000円
全顏22,000円

 

ピコフラクショナルレーザー

1回21,780円
6回99,000円
バタフライライン鼻あり頬あり1回30,580円
6回151,800円
全顔 1回38,280円
6回198,000円

 

TCAクロス(凹凸ニキビ跡治療)

単発(1ヶ所)2,750円
眉間13,200円
16,500円
こめかみ20,350円
左右頬27,500円
フェイスライン30,800円
全顔41,800円

 

サブシジョン

サブシジョン1cm×1cm1回16,500円

 

ニキビ跡のご相談はこたろクリニックへ

ニキビができても、早めに治療することでニキビ跡を残さずに治療することが可能です。

当院ではニキビを改善するだけでなく、ニキビを繰り返さない治療や生活習慣の改善などのアドバイスなども行っておりますので、思春期から大人のニキビまで気になる症状がある方はお気軽にご相談ください。

 

WEBからのご予約も可能です。

スマホやパソコンから空き状況をご確認の上、ご予約できるのでおすすめです。初診の受付も可能です。

WEB予約フォームはこちら

※院内でのお待ちいただくお時間を軽減するためにご予約後にWEB問診票のご記載もお願いします。

※ご予約は診療のご予約となります。処置の予約ではないのでご注意ください。

 

(こたろクリニック院長 :吉武 光太郎 監修)

京王線「笹塚駅」から徒歩1分
こたろクリニック