美容医療機器として知られるBBLとピコレーザーですが、その仕組みや得意な症例など具体的な違いについて知らない方も多いのではないでしょうか。

当院では患者さんの症状や希望によって使い分けていますが、それはさまざまな違いがあるからです。

そこで今回のコラムでは、BBLとピコレーザーの違いについて解説していきます。

ぜひ参考にしてください。

 

BBLはブロードバンドライトの略でシミなどにアプローチ

BBLとはブロードバンドライトという医療用の光のことで、BBL治療ではこのBBLを肌に照射することで肌トラブルの改善を目指していきます。

フォトフェイシャルという光治療がよく知られていますが、BBLはその5倍の威力があるとされています。

肌の表層にある肌トラブル改善を得意としており、加齢や紫外線によってできたたるみやくすみなどにアプローチしていきます。

そのほか、下記の症状などにも対応しています。

 

赤ら顔

毛細血管が拡張されるため、頬などが赤く見える状態を赤ら顔と言います。

ヘモグロビンに作用する波長を照射することで、赤ら顔の原因となる毛細血管を収縮させます。

毛細血管拡張症は改善しきれないですが、赤ら顔の赤みは改善することができます。

 

ニキビ

ニキビの原因となるアクネ菌に対する殺菌効果、炎症抑制効果、皮脂腺の殺菌作用などに働きかけるので、ニキビ肌の改善が期待できます。

 

小じわ

肌の奥にある真皮に届き、熱エネルギーを伝えることができます。

そのためコラーゲンやエラスチンなどが増加され、肌の張りを出し、小ジワの改善やリフトアップ効果にも期待が持てます。

 

シミ・そばかす

シミの原因となるメラニンに作用して分解していくため、シミが徐々に改善していきます。

最終的にはこげ茶色のカサブタ状になって肌の表面に浮き上がり、ポロっと取れるのが特徴です。

さまざまな症状に対応するBBLですが、肝斑は反対に濃くなる可能性があります。

そのため肝斑がなくてもBBL治療をする場合は、シミクリームの使用 やトラネキサム酸の内服を当院は必須としています。

 

ピコ秒でレーザー照射をするピコレーザーはシミや肝斑などの改善に

BBLとは異なり、ピコレーザーはレーザーを照射する治療法です。

ピンポイントでメラニンに働きかけることができるため、シミや肝斑の治療に積極的に用いられます。

従来型のナノレーザー(Qスイッチ)との違いは、下記のような照射のスピードです。

 

  • ナノレーザー…10億分の1秒という「ナノ秒」単位で照射
  • ピコレーザー…1兆分の1秒という「ピコ秒」単位で照射

このためシミなどを細かく粉砕することができ、薄いシミや小さなシミなどにも対応しています。

また周辺の皮膚への熱エネルギーによるダメージも少なく、炎症後色素沈着が最小限で済ますことができます。

こうした特徴があることから、シミだけではなく、そばかすや肝斑などの改善にもモードを変えて対応することができます。

また刺青やタトゥー、アートメイクの除去にも活用しています。

一方、施術中にニキビが悪化したり、施術後に肌荒れのような症状、色素沈着といった肌トラブルが起きる可能性があります。

 

BBLとピコレーザーの違いとは

これまで紹介してきましたが、BBLとピコレーザーの大きな違いは、光の長さである波長と、照射時間に関わるパルス幅です。

それぞれ下記のような特徴があります。

 

  • BBL…波長が短く、パルス幅が長い
  • ピコレーザー…波長が長く、パルス幅が短い

そのためBBLは肌の浅い部分に対して広く効果を発揮し、レーザーはシミなどのピンポイントで肌の奥深くに関わる症状が得意なのです。

対象となる症状は前項でも紹介しましたが、一般的には下記のような方が向いています。

 

  • BBL…顔全体の肌トラブルの改善を目指す方
  • ピコレーザー…シミやそばかすなどピンポイントの症状を改善したい方

あくまでも一般的なことですので、個別の状態については専門的な医師の判断によります。

痛みに関しては、BBLやピコシミ取りショットはばちんとした輪ゴムで弾かれたような痛みで、ピコトーニングはピリピリとしたむず痒いような痛みです。

またピンポイントの症例に対して、ピコレーザーであれば1~3回の施術で効果が現れることもありますが、BBLは通常5〜6回程度の施術で効果が現れてきます。

 

BBLとピコレーザーのプランの紹介

当院では、BBLやピコレーザーなどの美容機器を用いた施術を行っており、各種のプランも設けております。

BBLに関しては、お試しとして50ショットを8,800円としているほか、全顔200ショットについては1回(33,000円)、3回(72,000円)、5回(95,600円)といったように回数によって割引になるプランも用意しております。

下記にてご確認ください。

IPL(BBL)初回お試し初回BBLお試し50shot1回8,800円
BBL単独全顔200shot1回/トライアル9,900円
1回33,000円
3回72,600円
5回94,600円
2クール目以降15%びき80,410円

一方、ピコレーザーに関しては幅広いプランを揃えています。

「ピコシミ取りショット」7,700円から用意しており、「ピコショット当て放題」は1回97,900円となっています。

また、シミや肝斑などの症状にはピコショットのプランもご利用いただけます。

1回と6回、さらに2クール目以降などの要望に合わせて、プランを選んでいただくことができます。

こちらも下記でご確認ください。

ピコレーザーピコシミ取りショット1個7,700円
ピコシミ取りショット1個増えるにつき4,400円
ピコショット当て放題1回97,900円
ピコショット当て放題1回 + ピコトーニング or BBL全顔5回189,530円
ピコADMショット1回33,000円
ピコトーニング肝斑ライン(両頬)1回13,750円
6回82,500円
2クール目以降20%オフ66,000円
全顔1回/トライアル13,200円
1回30,580円
6回137,500円
2クール目以降20%オフ110,000円
ピコフラクショナル1回21,780円
バタフライライン(鼻+頬)1回30,580円
全顏1回38,280円
タトゥー別欄参照

 

BBLとピコレーザーを組み合わせた新プランも登場

今回紹介したBBLとピコレーザーを組み合わせ、お得に利用できる新プランも登場しました。

それが幅広い肌トラブルに対応する「集中治療プラン」です。

ひと言で肌トラブルといってもさまざまな種類があり、その原因もさまざまです。

そのため複数の治療法を組み合わせて対応していく必要があるのです。そこでこの「集中治療プラン」では、BBLとピコレーザーの施術をセットにしています。

詳しい内容は、 「ピコショット当て放題」が1回と 「ピコトーニング」が5回もしくは「BBL(全顔)」が5回 となっており、費用はすべて込みで189,530円となっています。

下記のページにて詳しく紹介していますので、こちらもぜひご覧ください。

https://kotaro-clinic.com/disease30/

 

まとめ

肌トラブルを対象とする美容医療機器は同じように思えますが、仕組みや得意な症状などが異なります。

また肌の状態などによっても最適な機器が異なりますので、信頼のおける医師のもとで治療を受けてください。

当院では、これまでの実績と知識を元に、多彩に用意した美容医療機器を使い分け、患者さんの要望に応えられる治療結果を目指しています。

気軽にご相談ください。

 

WEBからのご予約も可能です。

スマホやパソコンから空き状況をご確認の上、ご予約できるのでおすすめです。初診の受付も可能です。

WEB予約フォームはこちら

※院内でのお待ちいただくお時間を軽減するためにご予約後にWEB問診票のご記載もお願いします。

※ご予約は診療のご予約となります。処置の予約ではないのでご注意ください。

駒沢近隣にお住まいの方は、こたろクリニック分院のNES駒沢クリニックもおすすめです。
2022年6月30日までモニターキャンペーンも実施中です。仕事や育児でお忙しい子育て世代の方々も、ぜひお気軽にご来院ください。

(こたろクリニック院長 :吉武 光太郎 監修)

京王線「笹塚駅」から徒歩1分
こたろクリニック