大人になってからできるニキビは同じ場所に繰り返しできやすく、ニキビ痕も残りやすいといわれています。

そこで今回は、大人ニキビができやすい人の特徴や治療法などをご説明します。


大人ニキビとは

大人ニキビとは、主に20歳代以降にできるニキビのことで、食生活や睡眠不足、ストレスやホルモンバランスの乱れなど、さまざまな原因が考えられます。

また、同じ場所に繰り返しできることが多いことも特徴です。

古くなった角質が皮膚に残ることで毛穴が詰まりやすくなり、ニキビを生じると考えられます。


大人ニキビと思春期ニキビの違い

大人ニキビが20歳を過ぎてからできやすく、Uゾーンや首などに生じやすいのに対し、思春期ニキビは10代の思春期頃にできやすく、Tゾーンや鼻のまわりなどに生じやすいことが特徴です。

また思春期ニキビが主に皮脂の過剰分泌により生じますが、大人ニキビは食生活や睡眠不足、ストレスなどさまざまな要因が重なって生じると考えられています。


大人ニキビができるメカニズム

ニキビは、皮脂の過剰分泌・毛穴のつまり・アクネ菌の増殖が関係しています。


皮脂の過剰分泌

毛穴の奥にある皮脂腺からは皮脂が分泌され、分泌された皮脂は毛穴から皮膚表面に排出されて肌にうるおいを与える役割をもっています。

しかし皮脂が過剰に分泌されると、増加した皮脂が毛穴につまりやすくなり、ニキビが発生しやすい状態になります。

通常、皮脂は気温が高い場合などに増えますが、脂肪や糖分の多い食生活により、皮脂が増えてしまうこともあります。


毛穴のつまり

角層が皮脂の出口となる毛穴を塞ぐことで、皮脂や老廃物がつまり、ニキビが発生しやすくなると考えられます。

肌の乾燥や生活習慣の乱れなどによって肌のターンオーバーが乱れることにより、毛穴のつまりが起こりやすくなるといわれています。

ターンオーバーは20代では約28日周期ですが、年齢とともに日数が長くなります。

大人ニキビが治りにくいのは、肌のターンオーバーの周期が長くなることで新しい肌に生まれ変わるのが遅くなるためだと考えられます。


アクネ菌の増殖

毛穴の中や皮膚の表面には、アクネ菌など、さまざまな常在菌が存在しています。

通常は肌を守るためにはたらいていますが、皮脂の過剰分泌や毛穴がつまることにより、アクネ菌が必要以上に増えてしまい、肌に炎症を引き起こすことでニキビが発生すると考えられています。


大人ニキビができやすい人の特徴

大人ニキビができやすい人の特徴として、主に以下のようなことが考えられます。


食生活が乱れている

スナック菓子やインスタント食品の食べ過ぎや脂っこい食事を頻繁にしている方は注意が必要です。

糖分や脂質を過剰に摂ることで、皮膚からの皮脂分泌も増加し、毛穴のつまりを招きます。また糖分や脂質は肌を健やかに保つビタミンB群が大量に消費されます。


睡眠不足

肌は眠っている間に修復され、新たに皮膚を作っています。

睡眠不足が続いた場合、肌のダメージを回復することができず、ターンオーバーにも影響すると考えられます。

ターンオーバーの低下は古い角質が剥がれ落ちず、毛穴のつまりを招き、ニキビを生じる原因になると考えられます。


誤ったスキンケア

1日に何度も洗顔をする、ゴシゴシ力を入れて洗顔やメイク落としをすることは、ニキビを生じやすくするといわれています。

1日に何度も洗顔をすることで肌に必要な皮脂も落としてしまい、肌の乾燥につながります。

またゴシゴシ力を入れて洗うことも、必要な皮脂を落とし、肌の摩擦によって肌の負担になると考えられます。


大人ニキビの予防

大人ニキビを予防する方法として、主に以下のようなことが考えられます。


栄養バランスのよい食事

偏った食事は、ニキビを生じる原因になると考えられます。

健やかな肌を保つためには、エネルギー代謝に使われるレバーやにんじんなどのビタミンA、卵や納豆などのビタミンB群、ブロッコリーやいちごなどのビタミンCを積極的に摂り入れるようにしましょう。

また肌にハリや弾力をもたせるためには、肉類などのタンパク質も必要です。

便秘は肌荒れの一因とされるほか、腸内環境の悪化により肌のターンオーバーが乱れてニキビができやすくなるといわれています。

食物繊維も意識して摂取するとよいでしょう。


睡眠

肌のターンオーバーが乱れるとニキビができやすくなるといわれています。

肌は睡眠中にダメージを修復し、新しい皮膚を作ります。

睡眠不足になると成長ホルモンの分泌が低下し、肌のターンオーバーが乱れると考えられています。

古い角質が肌に残り続けることで皮脂がつまりやすくなり、ニキビが発生しやすくなることが知られています。

十分な睡眠時間を確保して健やかな肌を保つようにしましょう。


正しいスキンケア

ニキビを生じにくくするには、洗顔やクレンジングの際に刺激を与え過ぎず、優しく洗い流すことや化粧水や乳液などでしっかり保湿することが大切です。

また、紫外線を浴びすぎると肌にダメージが蓄積することが知られています。

普段から日焼け止めや帽子などを活用して、しっかり紫外線対策をしましょう。


大人ニキビの治療

ニキビの治療法として、内服薬や外用薬、アクアピーリングなどがあります。


内服薬、外用薬

毛穴のつまりに効果的とされ、ニキビを生じにくくする薬や、炎症やアクネ菌に効果的とされる抗生物質の内服薬・外用薬が処方されることがあります。

また、漢方薬やビタミン剤などで体の内側から皮脂分泌を調整し、炎症を抑える場合もあります。

そのほか、当院では重度のニキビの治療薬として、当院ではイソトレチノインやスピロノラクトンを取り扱っています。


イソトレチノイン

イソトレチノインは重度のニキビ治療薬の一種で、ビタミンA誘導体のレチノイドを主成分としています。

皮脂腺を退縮させることで皮脂分泌を抑え、抗炎症作用によってニキビの炎症を起こしにくくするといわれています。

海外では抗生剤の内服や外用薬で治らなかった場合の第一選択薬で、重度のニキビに対して高い効果が期待できることが知られています。


スピロノラクトン

ニキビは過剰な皮脂分泌が原因のひとつと考えられています。

スピロノラクトンはもともと高血圧の治療に使用されてきた薬で、男性ホルモンのはたらきを調整することで皮脂の過剰分泌を抑え、ニキビを発生させにくくする効果が期待できます。

効果が現れるまでには服用を始めてから数ヵ月かかるため、早くニキビを治療したいというよりもニキビを根本から治療したい方に適している治療法です。


アクアピーリング

アクアピーリングとは、特殊な形状のチップによる水流と2種類の薬液、美容成分を含んだ保湿剤の塗布により、クレンジング・ピーリング・美容液導入の3つのケアを同時に行える治療です。

従来のピーリングは効果が高くなるにしたがって、肌への刺激が強くなっていました。

しかしアクアピーリングはスパイラル状のチップが微細で均等な水流を生み出し、水流に薬液を流して肌に放出することで肌へのダメージが少なくなっています。


そのため、ダウンタイムもほとんどなく、毛穴の汚れや角質・角栓の除去、ニキビの改善などにより、透明感のある美肌に導きます。

アクアピーリングは、主に以下のような症状に効果が期待できます。


毛穴の汚れや黒ずみ、ニキビの改善

古い角質や角栓などの毛穴の汚れは、さまざまな肌トラブルの原因になることが知られています。

アクアピーリングは皮膚表面の古い角質を除去し、肌のキメを整え、肌のごわつきを改善します。

また毛穴の汚れや黒ずみを取り除くことでニキビや毛穴の開きにも効果が期待できます。


肌のハリ、ツヤの改善

アクアピーリングではコラーゲンの生成が促進され、肌のくすみを改善し、肌のハリやツヤ感のアップに効果が期待できます。


また血行が促進され、むくみの改善にもつながると考えられます。



小じわ、たるみの改善

古い角質や汚れは小じわの原因になるといわれています。

アクアピーリングは角質や皮脂など、毛穴の汚れを落とした後に美容成分を肌に浸透させるため、より効果が実感しやすいと考えられます。

また施術による血行促進により、たるみやむくみの改善も期待できます。


施術料金

ニキビ内服 ロアキュタン(イソトレチノイン) 1ヶ月分 10mg 16,280円
2ヶ月分 20mg 18,480円
アルダクトン(スピノロラクトン) 1ヶ月分 30日分 10,780円
2ヶ月目 30日分 10,780円
3ヶ月目 30日分 5,940円
4ヶ月目 30日分 3,520円
アクアピーリング 初回トライアル 9,900円
1回 14,300円
3回 39,600円

※ 価格表示はすべて税込となります。

※ 初回トライアルは初めての方のみ。


施術後の経過とリスク

重度のニキビ治療薬やアクアピーリングの経過や副作用は、主に以下のようなことが考えられます。


イソトレチノイン

主な副作用として、妊娠中の胎児奇形、口や粘膜の乾燥、鼻出血、肝機能障害、頭痛、視力低下などがみられることがあります。

また以下に該当する方は服用することができません。


  • 妊娠中、授乳中の方
  • 精神疾患がある方
  • 重篤な肝障害がある方

スピロノラクトン

主な副作用として、全身倦怠感、不整脈、むくみ、生理不順、不正出血、低血圧、頭痛、発疹、嘔吐、下痢などがみられることがあります。

また、以下に該当する方は服用できません。


  • 妊娠中、授乳中の方
  • 高カリウム血症の方
  • 腎障害のある方
  • 無尿または急性腎不全の方
  • 心疾患のある方
  • 動脈硬化症のある方

アクアピーリング

アクアピーリングはダウンタイムがほとんどありません。

3週間~4週間に1度、継続的に施術を受けていただくことをおすすめします。

施術中に肌のヒリヒリ感を覚える方がいます。

また治療後は、まれに肌の乾燥や赤み、かゆみ、むくみ、ニキビの悪化などが起こる可能性があります。

通常は1~3日以内に治まります。


  • 施術前後にカミソリによるお手入れ、洗顔ブラシ、スクラブ入りの洗顔はお控えください。
  • トレチノインやレチノール、ピーリング剤などは施術1週間前から使用を中止し、施術後は症状が落ち着き、1週間経過してから使用を再開してください。
  • 施術部位に傷やニキビがある場合、ピーリング剤がしみる可能性があります。
  • 施術後、まれに古い角質が剥けることがあります。
  • 施術後は十分な保湿と紫外線対策をしてください。
  • メイクは当日から可能です。
  • 施術部位への刺激は避けましょう。

以下に該当する方は、必ず施術前にご相談ください。

施術をお控えいただく場合があります。


  • 妊娠中または授乳中の方
  • 日焼けしている、または日焼けする予定がある方
  • 施術前に施術部位の手術を受けた方
  • アスピリンアレルギーの方
  • 肝斑がある方
  • 施術部位に炎症や傷がある方
  • 体内に金属や医療機器が入っている方
  • 悪性腫瘍が疑われる方

※アクアクリーン(アクアピーリング)について

  • 当院で使用しているアクアクリーンミニは、国内では医薬品医療機器等法上、未承認医療機器です。
  • 当院では医師の判断の下、個人輸入しています。医学的知見のない個人輸入は推奨していません。
  • 国内の承認医薬品等の有無について、他に同程度の性能を有する国内承認医療機器はありません。
  • 個人輸入における厚生労働省からの案内は、以下のリンクからご覧ください。 個人輸入において注意すべき医薬品等について

大人ニキビは偏った食生活や睡眠不足など、さまざまな要因が重なって発生するとされています。

大人ニキビを作りにくくするために、健やかな肌を保つために必要となる栄養をとる、睡眠時間を十分にとる、正しいスキンケアをするなど、できることから始めてみましょう。

当院では内服薬や外用薬、アクアピーリングなどでニキビの治療を行っています。

まずはお気軽にご相談ください。


WEBからのご予約も可能です。

スマホやパソコンから空き状況をご確認の上、ご予約できるのでおすすめです。初診の受付も可能です。

WEB予約フォームはこちら

※院内でのお待ちいただくお時間を軽減するためにご予約後にWEB問診票のご記載もお願いします。

※ご予約は診療のご予約となります。処置の予約ではないのでご注意ください。

(こたろクリニック院長 :吉武 光太郎 監修)

京王線「笹塚駅」から徒歩1分
こたろクリニック