目の下のたるみ取りには、ハムラ法や脱脂手術などの治療法があります。

当院ではどちらの治療法にも対応していますが、脱脂手術をおすすめしています。

今回は、ハムラ法と脱脂手術のそれぞれの特徴やメリット・デメリット、当院の治療法や脱脂手術をおすすめしている理由についてご説明します。

 

下まぶたのたるみ取りとは

目の下のたるみは実年齢よりも老けて見えやすく、疲れている印象を与えたり、クマに見えたりします。

目の下がたるむ原因として、主に加齢によって眼球を支えるロックウッド靭帯などが少しずつ緩むことで眼球が下がり、眼窩脂肪が圧迫されて前方へ押し出されることが考えられます。

 

また紫外線などの影響によって真皮層に存在するコラーゲンやエラスチンが減少することや、コラーゲンなどの質の変化によって皮膚のハリが失われることも関係しているといわれています。

そのほか、皮膚の乾燥や刺激によるダメージなども原因と考えられています。

 

ハムラ法とは

ハムラ法は、目の下の突出している眼窩脂肪を凹みが気になる部分に移動させ、余った皮膚を切除することによって皮膚のたるみを和らげる方法です。

皮膚を切除しすぎると「あっかんべー」をしたときのような外反の状態となるため、慎重に行います。

 

また、特に目の下のたるみが重度の方にも向いている治療法とされています。

ハムラ法は突出している眼窩脂肪を移動させるため、全体的な脂肪の量は変わりません。

そのため、目の下の凹みが強調されることや、凹んだという印象を受けにくいと考えられます。

 

裏ハムラ法とは、まぶたの裏側から切開して眼窩脂肪を移動させる治療です。

表から切開するハムラ法とは異なり、傷跡が残らないことが特徴です。

 

こんな方には、ハムラ法がおすすめ

  • 目の下のたるみが気になる
  • 目の下のふくらみが大きい
  • 目の下のくぼみが気になる
  • 目の下のクマが気になる
  • 疲れているような目元の印象を変えたい
  • 目の下のたるみと凹みを改善したい

 

ハムラ法のメリット・デメリット

ハムラ法のメリットは、眼窩脂肪によって生じているたるみやふくらみと、目の下の凹みを同時に治療可能であることです。

またハムラ法は眼窩脂肪を移動させた後、余った皮膚や筋肉を調節できます。

そのため、目のまわりの眼輪筋を引き上げてまぶたの形を調節するなど、よりきれいな形状にしやすいと考えられます。

 

ハムラ法のデメリットは、目の下に傷が残りやすいこと、涙袋がなくなる可能性があることがあげられます。

目の下を切開して髪の毛よりも細い糸で縫合するため、傷跡は目立ちにくいですが、一時的に傷跡が残ります。

また施術から約1週間後に抜糸するため、定期的な通院が必要です。

またハムラ法では涙袋の形成に関係している眼輪筋を切除することがあるため、涙袋がなくなる可能性があります。

涙袋は若々しい目元を演出するため、特に若い方は注意が必要です。

 

ハムラ法のダウンタイム

ハムラ法のリスクとして、ダウンタイムが経結膜脱脂よりも長いこと、熱感や痛み、赤みなどがみられることがあげられます。

通常は時間の経過とともに改善するとされますが、気になる場合は医師へ相談しましょう。

その他、主に以下のような注意点があります。

 

  • 洗顔や入浴は施術当日から可能です。ただし施術部位は優しく洗いましょう。
  • 抜糸は施術から1週間後に行います。メイクは抜糸の翌日から可能です。
  • コンタクトレンズの装着は当日から可能ですが、違和感がある場合は控えてください。

 

脱脂手術とは

脱脂手術とは、目の下のたるみの原因とされる眼窩脂肪を取り除き、クマやたるみを改善する治療法です。

目の下のたるみは、主に加齢によって眼球を支えるロックウッド靭帯などが少しずつ緩むことで眼球が押し下がり、眼窩脂肪が圧迫されて前方へ突出することが原因と考えられています。

脱脂手術は突出した眼窩脂肪を取り除くことによって、目の下のクマやたるみを改善に導きます。

 

脱脂手術のメリット・デメリット

脱脂手術では、目の下のたるみを改善することで若々しい目元の印象に仕上げます。

また経結膜脱脂では、まぶたの裏側から切開するため、傷跡が残りません。

 

デメリットとして、医師によっては適切な量の脂肪を除去できないことがあり、眼窩脂肪を取り残すことで目の下のたるみが解消されない可能性があります。

反対に眼窩脂肪を取りすぎることによって、目の下の凹みが目立ち、くぼみによってクマが悪化したように見えることがあります。

 

ただし当院では、適切な量の眼窩脂肪を取り除けるように一度仰向けの状態で取り除いた後、座位で表情を確認し、取り除いた眼窩脂肪が適切かどうかを判断して手術を終了としています。

 

当院の脱脂手術

当院では、2種類の脱脂手術をご提供しています。

 

脱脂手術(経結膜脱脂)

眼窩脂肪を取り除き、皮膚のたるみやクマなどを改善します。

局所麻酔を追加投与しながら行いますが、目の奥が押されているような感覚を伴います。

必要に応じて止血をするため、内出血を最小限に抑えられることが特徴です。

仰向けの状態で適度な量の眼窩脂肪を取り除いた後は、座った状態で表情を確認し、取り除いた眼窩脂肪が適度な量であった場合は手術終了となります。

クマの凹みが強い場合、もしくは脂肪注入をご希望の場合のみ、この後に脂肪注入を行います。

 

脱脂手術と目の下のたるみ取り

脱脂手術で眼窩脂肪を取り除くと、収めていた部分の皮膚が余るため、たるみやしわが悪化することがあります。

そこで当院では、まぶたの表側から眼窩脂肪を取り除いたうえで、余っている皮膚を除去する治療法も行っています。

目の下の表面の縁から3〜5mmほど下方を目尻に向けて「への字」に切開し、必要に応じて慎重に止血しながら余分な脂肪を取り除きます。

しわの増加の原因とされる皮膚と一部眼輪筋を除去し、縫合したら手術終了となります。

 

こんな方には、脱脂手術がおすすめ

主に以下のような方に、経結膜脱脂法などの脱脂手術がおすすめです。

 

  • 目の下のたるみが気になる
  • 目の下のふくらみをなくしたい
  • 目の下のクマが気になる
  • 疲れているような目元の印象を変えたい
  • ダウンタイムの短い施術を希望している

 

脱脂手術のダウンタイム

当院での脱脂手術や目の下のたるみ取りによる副作用や注意点は、以下のようなものがあげられます。

症状の現れ方や程度には、個人差があります。

 

腫れ

翌日~1週間程度、腫れることがあります。

むくみやすい方は腫れやすいですが、全く腫れない方もいらっしゃいます。

 

内出血

経結膜脱脂法による内出血は約1割の方にみられます。

施術中の麻酔の際、表面からはわからないような血管に麻酔の注射針が当たると内出血を引き起こすことがあります。

その場合、通常は約2週間で黄色くなり目立たなくなります。

脱脂手術と目の下のたるみ取りを行った場合にも内出血は起こり、通常は2週間程度で黄色くなり目立たなくなります。

 

疼痛

施術から1~2週間程度は、目を動かしたとき、圧迫したときに違和感のような痛みが続くことがあります。

 

出血

約1週間にわたって涙のように少しずつ出血することや、鼻から出血することがあります。

また約1週間は一度にまとまって出血する可能性があるため、寝具はタオルなどを敷いておきましょう。

 

血腫

手術部位に血が溜まり、塊のように感じることがあります。

大きさによって期間は異なりますが、通常は体内に少しずつ吸収されていきます。

大きい場合は再度傷口を開けて血腫を除去します。

 

シコリ感

脂肪注入をした場合、シコリ感が続くことがあります。

 

抜糸

脱脂手術と目の下のたるみ取りを行った場合は、まぶたの表側を縫合するため、約1週間で抜糸が必要です。

経結膜脱脂法の場合は縫合しないため、抜糸の必要はありません。

その他、主に以下のような注意点があります。

 

  • 洗顔や入浴は翌日から可能です。
  • コンタクトレンズは翌週から装着可能ですが、違和感がある場合は控えてください。
  • メイクは施術当日から可能です。
  • 経結膜脱脂の場合、ご希望がなければ通院は必要ありません。まぶたのたるみ取りの場合は抜糸が必要なため、1週間後に通院していただきます。

 

ハムラ法と脱脂手術の違い

ハムラ法は突出している眼窩脂肪を移動させる治療で、脱脂手術は眼窩脂肪を取り除く治療です。

ハムラ法は全体としての眼窩脂肪の量に変化がないため、目の下の凹みが強調されることや、凹んだという印象を受けにくいと考えられます。

 

一方で経結膜脱脂の場合は、まぶたの裏側を切開するため、傷跡が残りません。

当院では、以下3つの点から経結膜脱脂を含む脱脂手術をおすすめしています。

 

ハムラ法は、麻酔をする範囲が広くなる

局所麻酔は施術の際の痛みを軽減させるために行いますが、麻酔には痛みを伴います。

ハムラ法は、脱脂手術と比較して切開する範囲が広く、局所麻酔も広範囲にする必要があります。

 

ハムラ法は、ダウンタイムが長くなる

ハムラ法は経結膜脱脂と異なり、目の下を切開して縫合するため、約1週間後に抜糸が必要です。

また皮膚や筋肉を切開することによって、他の施術よりもダウンタイムが長くなる可能性があります。

ハムラ法は3日間の圧迫固定が必要になる、抜糸するまではメイクを控える必要がある、通院回数が多くなるなど、患者さんへの負担も大きくなります。

 

ハムラ法が適応な方は、脱脂+脂肪注入で対応できる

ハムラ法の特徴は、眼窩脂肪を移動させることで、目の下のたるみと凹みを同時に治療できることです。

しかし脱脂手術でも適切な量の眼窩脂肪を取り除いた後、凹みが気になる部分に脂肪注入することにより、目の下のたるみと凹みを同時に治療可能です。

 

施術料金

当院のおける治療の料金は、以下の通りです。

ハムラ法495,000円(税込)
脱脂手術(経結膜脱脂)242,000円(税込)
下まぶたのたるみ取り+脱脂手術297,000円(税込)
笑気麻酔5,500円(税込)
指名料33,000円(税込)

ハムラ法は目の下のたるみと凹みを同時に治療できることがメリットと考えられます。

脱脂手術では突出している眼窩脂肪を取り除き、脂肪注入を行うことで目の下のたるみと凹みを同時に治療可能です。

また脱脂手術はハムラ法と比較してダウンタイムが短いことなどから、当院では脱脂手術をおすすめしています。

気になる症状がある方は、お気軽にカウンセリングへお越しください。

 

WEBからのご予約も可能です。

スマホやパソコンから空き状況をご確認の上、ご予約できるのでおすすめです。初診の受付も可能です。

WEB予約フォームはこちら

※院内でのお待ちいただくお時間を軽減するためにご予約後にWEB問診票のご記載もお願いします。

※ご予約は診療のご予約となります。処置の予約ではないのでご注意ください。

(こたろクリニック院長 :吉武 光太郎 監修)

京王線「笹塚駅」から徒歩1分
こたろクリニック

駒沢近隣にお住まいの方は、こたろクリニック分院のNES駒沢クリニックもおすすめです。