おでこのしわは、年齢とともに気になってくる悩みのひとつではないでしょうか。

今回は、おでこにしわができる原因や日常生活での対策などをご説明します。

 

おでこのしわの原因

おでこにしわができる原因には、主に以下のようなものが考えられます。

表情筋の使い方

おでこには前頭筋や皺眉筋(しゅうびきん)など、大きい筋肉が密集しているため、無理な力が入りやすく、額や眉を上げることで目を見開くことが多いと考えられます。

表情筋の動かし方に癖があると、おでこのしわができる場合があります。

 

紫外線や乾燥によるダメージ

皮膚は、外側から順に表皮・真皮・皮下組織からなっています。

紫外線は主に真皮層にあるコラーゲンやエラスチンを破壊し、肌の弾力が低下する原因になるとされ、弾性を失った肌は表情の癖によってしわが戻らないことが知られています。

また空気の乾燥や肌への強い刺激などにより、肌から水分が失われ、細かい小さなしわができやすい傾向があります。

おでこの皮脂を取り過ぎると、肌の乾燥を招き、しわの原因になると考えられます。

 

加齢によるハリの減少

加齢とともに肌がたるみ、ハリが失われ、皮膚が寄ることでしわができると考えられます。

弾力が失われた肌は、元に戻る力が弱いため、表情の癖が残りやすいとされています。

 

まぶたを上げるために眉毛とおでこを使っている

加齢とともにまぶたを上げる筋肉が徐々に減少し、眉毛やおでこを使ってまぶたをあげることで、おでこにしわが寄るようになると考えられます。

 

おでこにしわができたときの対策

おでこのしわを改善する方法として、主に以下のようなものが考えられます。

 

保湿ケア

肌の乾燥はしわを深く、多くするとされるため、水分や栄養を与えてしっかりと保湿しましょう。

特に洗顔後は水分と油分のバランスを保つため、念入りに保湿ケアをした方がよいとされ、化粧水の上に乳液やクリームを使用すると効果が期待できます。

コラーゲンの生成を促進するビタミンC誘導体や、保水力のあるヒアルロン酸、真皮でコラーゲンの生成を促すレチノールなどが含まれたアイテムが存在します。

 

紫外線対策

紫外線はしわやたるみなど、さまざまな肌トラブルの原因と考えられています。

一日の中では午前10時~午後2時に一日の約60%の紫外線量が降り注ぎ、一年の中では6~8月は紫外線が最も強くなる時期とされています。

この時間帯の外出はできるだけ控え、外出する場合は日焼け止めを使用する、帽子を活用するとよいでしょう。

また初夏から残暑にかけては、特にしっかりと紫外線対策をしましょう。

 

マッサージ

血流を促進することによって肌に栄養が行き届き、マッサージで体がリラックスすることにより、ホルモンバランスが整い、健やかな肌へ導くと考えられます。

髪の生え際から頭頂部へ、指の腹を10回程度ゆっくりとスライドさせます。

次に頭頂部を20~30秒程度マッサージすると、血行促進に効果が期待できます。

 

皮膚科の施術

当院では、おでこのしわ改善のため、以下のような治療を行っています。

 

ハイフ

高密度焦点照射式超音波治療のことで、周りの細胞にダメージを与えずに高密度の超音波で顔のリフトアップをするための治療です。

主に表在性筋膜にはたらきかけ、たるみの改善に効果的とされています。

 

 

価格

項目

ショット数円(税込)
全顔77079800
フェイスライン60064800
30034000
二重あご30033000
ほうれい線34038000
人中短縮103300
目元11016500
ハイフシャワー(ドット)40042800
ハイフシャワー(ライナー)40047800


気になる症状がある場合、必ず医師へ相談しましょう。 ハイフは、医薬品医療機器等法上の国内の承認を得ていません。

副作用や注意点
赤みや浮腫、まれに神経麻痺や肌荒れなどがみられることがあります。

入手経路:
当院の医師が個人輸入しています。 国内に同一レベルの性能をもつ国内承認機器はありません。
ハイフは、韓国のMFDS(旧KFDA)、ヨーロッパの承認を取得済です。

 

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸注入は、皮下のボリュームを出すことでしわを伸ばし、肌の水分量や柔軟性などを保つ とされています。皮膚を内側から持ち上げて、しわやたるみの改善に効果的と考えられます。



価格

アラガン社 1本  99,880円(税込)
ガルデルマ社 1本 69,300円(税込)


※副作用や注意点
内出血や異物感、アレルギー反応による腫脹などがみられることがあります。気になる症状がある場合、必ず医師へ相談しましょう。

 

ボトックス

ボツリヌス菌が産生するボツリヌストキシンを患部へ注入し、筋肉の緊張を緩めて、しわやたるみの改善に効果が期待できます。

おでこの筋肉の収縮を抑えることでしわを寄らなくするとされますが、眼瞼下垂が始まっている方はまぶたを上げづらくなってしまうため、打たないほうがよいと考えられます。

価格

イノトックス 38,800円(税込)
ボトックスビスタ 39,800円(税込)

※副作用や注意点

注射部位の痛み、炎症や腫れ、頭痛や内出血などがみられることがあります。
また妊娠中や授乳中、精神安定剤を服用している場合や、筋萎縮性側索硬化症など全身性の神経筋接合部の障害をもつ方は使用できません。
気になる症状がある場合、必ず医師へ相談しましょう。

 

イノトックスは、韓国で2013年に承認された液体のボトックス製剤です。日本では未承認医薬品のため、当院医師の判断の下、海外の医薬品専門業者から直接入手しています。


ボトックス治療において国内で承認されている製剤は、アラガン社のボトックスビスタです。ボトックスビスタの承認条件としては、主に以下のようなものがあります。

・医薬品リスク管理計画を策定のうえ、適切に実施する
・ボトックスビスタの講習を受け、安全性や有効性を十分に理解し、知識や経験豊富な医師からのみ施術を受けられるようにする
・使用後は廃棄が安全に行われるように、所要の処置を講じ、廃棄についての記録を保管する

 

なお、医学的な知見のない、個人輸入等に関しては推奨しておりません。

京王線「笹塚駅」から徒歩1分
こたろクリニック