渋谷区笹塚の形成外科、皮膚科、美容外科、美容皮膚科をお探しなら笹塚駅前こたろ形成皮ふ科クリニック。京王線「笹塚」駅すぐ。アトピー、蕁麻疹、ニキビ等の一般皮膚科から、傷跡や眼瞼下垂の手術、皮膚腫瘍をとる皮膚外科、美容皮膚科まで幅広く対応します。

お悩み別 かゆみ・ブツブツ

  • ホーム »
  • お悩み別 かゆみ・ブツブツ

かゆみ・ブツブツは原因が多岐に渡ります。
以下に可能性が高い疾患を説明します。

湿疹・皮膚炎

湿疹は皮膚科を訪れる患者様が最も多い疾患です。かゆみや赤み、発疹などの症状が出てきます。かゆみが強くて寝られない、掻き壊して傷になるという事があります。長引くと皮膚が厚くなったり(苔癬化)や、茶色く跡が残ったり(色素沈着)、色抜けしたり(色素脱失)します。
病因は体の外側からくるものと体の内側からくるものがあります。外側からくるものには、乾燥、花粉、ハウスダストや薬などなどが皮膚に侵入すると、それを排除しよう炎症反応が起こります。その際の皮脂や汗の分泌量による皮膚の状態、健康状態、アレルギーの有無、アトピー素因などの体の内側からくるものが合わさり、様々な湿疹の症状が起こります。

原因が明らかでないものも多いものは赤みや発疹などの皮膚症状の経過や臨床所見から、湿疹と診断されます。発症から数日しか経過してないものは急性湿疹、発症から一週間以上経過しているものは皮膚が厚くなっている事が多く、慢性湿疹といわれます。

原因が明らかで発疹の状態から固有の診断名がつけられている湿疹があります。主なものは、アトピー性皮膚炎、皮脂欠乏性湿疹、手湿疹、おむつ皮膚炎(おむつかぶれ)、接触性皮膚炎、脂漏性皮膚炎(脂漏性湿疹)、貨幣状湿疹、うっ滞性皮膚炎などがあります。(※湿疹と皮膚炎は同意語です。)

治療方法

原因が明らかでない湿疹の主な治療は、ステロイドの塗り薬かタクロリムスの塗り薬(プロトピック)と、かゆみが強く悪化の原因になっている場合は抗ヒスタミン薬の飲み薬を使用します。
※笹塚駅前こたろクリニックの皮膚科部門では脱ステロイド療法は行なっておりません。適切な期間で適切な強さと量のステロイドの塗り薬やプロトピックを使用します。

ステロイドの塗り薬もしくはタクロリムスの塗り薬(プロトピック)は、塗る量と期間が大切です。1FTUで手のひら2枚分(約0.5g)という使用目安があり、1FTUは人差し指の指先から第1関節までの長さまで軟膏を出した量となります。通常軟膏チューブは1本5gなので、5gの軟膏1本につき手のひら20枚分まで使用出来ます。それよりも少ない量を塗っていたり、1日2回(朝と夕の入浴後)の回数が守られていないと、治りがわるいといった事が起こりえます。また期間ですが赤みやかゆみが消えて直ぐに塗るのをやめると、すぐにかゆみがぶり返します。皮膚がゴワゴワした硬いところが摘んで柔らかくなるまで塗り続ける事、しっかりとした量を塗る事が、ぶり返しさずに早く治すポイントとなります。

ステロイドは怖いというイメージがありますが、適切な量を適切な期間使用すれば怖いものではありません。ステロイドの塗り薬は使用量が少ないのでほぼ血中には到達しないため、副腎不全、糖尿病、ムーンフェイス、白内障、緑内障といった全身に表れる副作用はまず起こりえません。塗っている部位に表れる局所の副作用は、ステロイド痤瘡、ステロイド潮紅、多毛、毛細血管拡張、皮膚萎縮皮膚感染症は起こりえますが中止もしくは適切な処置により改善します。

原因が明らかな湿疹の治療は、原因が明らかでない湿疹同様、ステロイドの塗り薬やプロトピックという免疫を抑える塗り薬、かゆみが強い場合は、抗ヒスタミンを処方するといったことは同様ですが、加えて原因となっている基を断ち切る事が大切です。

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は、遺伝要素以外に、乾燥、汗、汚れ、衣類、食べ物、細菌、ハウスダストなどの環境にあるアレルギー物質などが原因としてあります。これらが原因で角層のバリア機能が破綻しています。
乾燥が原因であれば保湿を基本とするスキンケアが大切です。保湿をする事で皮膚のバリア機能が回復してきます。
汗が原因であれば、かいた汗をためないように水道で洗い流したり、塗りガーゼや汗拭きシートなどで拭く事が大切です。
食べ物やハウスダストなどの環境にあるアレルギー物質が原因であれば、血液検査でそれらの項目を検査し、結果が陽性であればアレルギー物質を避ける事が大切です。

治療方法

治療は、塗り薬、飲み薬、エキシマライトの照射があります。
基本、ステロイドの塗り薬を1日2回しっかりと塗っていただきます。
症状の程度に応じてステロイドではなくタクロリムスの塗り薬を使用する場合もあります。
また笹塚駅前こたろクリニックはエキシマという中波紫外線ライトの機械を導入しているため、エキシマライトを照射して治療することも可能です。エキシマライトは保険適応で治療可能で、3割負担で約1,020円です。重症度に応じて通院頻度が変わりますが、1週間に1回ほど照射するのが基本となります。
重症であれば、免疫を抑える飲み薬を加えて処方します。このお薬は血圧が上がる副作用があるため、クリニック来院の際には血圧を測定していただきます。

乾癬

乾癬は道端アンジェリカさんやヒャダインさんが公表して世間に知れ渡った皮膚の病気です。原因は不明で、腕やすねなどに赤い盛り上がりと白い皮膚がくっついている特徴的で、時にその白い皮膚が剥がれ落ちます。よくできる部位は腕やすね、頭や腰ですが、全身どこでもできる可能性があります。人に移ることは無いですが、なかなか完治に至らないので長期的に病気と向き合っていくことが大切です。

治療方法

治療は、塗り薬、飲み薬、エキシマライトの照射があります。
基本は塗り薬となります。ステロイドの塗り薬と活性化ビタミンD3の塗り薬です。ステロイドの塗り薬の方は効果発現まで速いです。適時、強さを調節していきます。活性化ビタミンD3の塗り薬はステロイドより効果発現が遅いですが、最終的に活性化ビタミンD3の塗り薬だけ使用するように目指します。
また笹塚駅前こたろ形成皮膚科クリニックはエキシマという中波紫外線ライトの機械を導入しているため、エキシマライトを照射して治療することも可能です。エキシマライトは保険適応で治療可能で、3割負担で約1,020円です。重症度に応じて通院頻度が変わりますが、1週間に1回ほど照射するのが基本となります。
それでも効果に乏しい場合は免疫抑制剤の飲み薬を処方します。副作用に血圧上昇と腎機能障害があるため、定期的な血圧検査と採血検査をします。免疫抑制剤の薬を飲んでいる最中はエキシマライトを用いた治療を中断致します。

蕁麻疹

蕁麻疹は赤みを伴う一過性の皮膚に盛り上がりである膨疹ができます。蕁麻疹全体の72.7%は原因不明の特発性とされています。他にⅠ型アレルギーが関与する外からの刺激が原因となり蕁麻疹が出てくるものがあります。因子としては以下のものが考えらています。物理的刺激、発汗刺激、食べ物、食べもの中のヒスタミン、食品添加物、薬剤、運動、感染、疲労、ストレス、基礎疾患です。
症状は、小さいのもでは粟粒状のものから蚊に刺されたような膨らみであったり、その膨らみがくっついて地図状であったりします。特発性もの、数十分から数時間で消えてしまい、強い痒みを特徴とします。

治療方法

治療は飲み薬です。
抗ヒスタミン薬を飲むことでアレルギー反応を抑え治療していきます。時に慢性化して年単位で症状が持続する慢性蕁麻疹になることがあります。その場合は長期に抗ヒスタミンを服用して徐々に量を減らしていくようになります。

掌蹠膿疱症

掌蹠膿疱症は手の平や足の裏や足の内側に赤色と黄色の小さいブツブツが多発して皮膚が剥ける病気です。軽くかゆみを伴うこともあります。スネや膝にも出ることがあり、爪の変形を起こすこともあります。また他の病気である胸鎖肋関節症や関節炎、糖尿病を合併することもあります。
病気の原因は不明とされていますが、タバコや金属アレルギーや汗や扁桃炎や副鼻腔炎や中耳炎や虫歯が悪化させる因子とも考えられています。したがって禁煙したり、歯の詰め物を金やセラミックに変更したりすると改善することもあります。

治療方法

治療は塗り薬とエキシマライトの照射があります。
基本は塗り薬となります。ステロイドの塗り薬と活性化ビタミンD3の塗り薬です。ステロイドの塗り薬の方は効果発現まで速いです。適時、強さを調節していきます。活性化ビタミンD3の塗り薬はステロイドより効果発現が遅いですが、最終的に活性化ビタミンD3の塗り薬だけ使用するように目指します。
また笹塚駅前こたろ形成皮膚科クリニックはエキシマという中波紫外線ライトの機械を導入しているため、エキシマライトを照射して治療することも可能です。エキシマライトは保険適応で治療可能で、3割負担で約1,020円です。重症度に応じて通院頻度が変わりますが、1週間に1回ほど照射するのが基本となります。
飲み薬はチガソンというお薬が保険適応になっていますが、免疫抑制剤であるネオーラルやビオチンは効くこともあるのですが保険適応されていません。

クリニック情報

笹塚駅前こたろ形成皮ふ科クリニック

〒151-0073 東京都渋谷区笹塚1-56-10

電話 03-5302-8056
京王線「笹塚」駅より 徒歩1分未満
(セブンイレブンの上)

診療時間は受付終了後30分までになっております

受付時間
10:00~13:30
16:00~19:30
(水曜:~20:30)

▲…第2水曜は休診(水曜日は20:30まで受付)

★…第2又は第3木曜のみ診療(※第2水曜翌日の木曜は診療)

休診日木曜日(※)・第2水曜日・日曜日
※第2水曜翌日の木曜は診療。

Copyright © 2019 笹塚駅前こたろ形成皮ふ科クリニック All Rights Reserved.